米国公認会計士試験の難易度・合格率・試験日など

スポンサーリンク

この検定はCPAとも呼ばれ、米国各州が認定する公認会計士の資格で、世界中で最も認知されている会計士資格です。資格は、各州ごとで取得し、登録することになります。

しかし、試験内容、採点、合格基準は全米で統一されています。登録のみ、受けた州に属することになります。

日本では、東京と大阪での受検が可能です。

試験は18か月以内に4科目総てに合格しなければなりません。また、問題に依っては解けても点数にならないものもあり、基礎的な問題が解けない場合は、難しい問題が解けても得点が上がらない仕組みになっているので、基礎からしっかり勉強することが肝心です。

グローバルに活躍したい方、キャリアアップしたい方、英語を仕事で活かしたい方、転職を有利に行いたい方等に向いた検定です。

2011年から日本でも受験できるようになりました。

スポンサーリンク

米国公認会計士試験とは

資格名米国公認会計士
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別公的資格
ジャンル金融・会計・簿記
資格区分なし
受験資格概ね4年制の大学を卒業、卒業見込みのある者
試験日程年4回実施
試験場所米国、東京、横浜、大阪のプロメトリックテストセンターで実施
試験内容CBT試験
免除科目
合格点概ね各科目75%以上の正答率
受験料$500
登録・更新
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせプロメトリックRRC予約センター
関連資格

米国公認会計士試験の試験日

年4回実施

米国公認会計士試験の試験内容

試験はCBTにて行われます。

米国公認会計士試験の受験者数・合格率

日本人の合格率は60%程と言われています。

米国公認会計士試験の難易度

日本の公認会計士に比べると簡単と言われていますが、実際は言われている程簡単ではないかなと言うのが感想です。

まず、受験資格を得るために米国の大学の単位を取得しなければならないのですが、そのためには日本にあるU.S.CPAの専門学校で授業を受けるか、米国の大学を実際に卒業するかする必要があり、それなりに費用もかかります。

また、必要な英語力はTOEIC400点から勉強を始める事が可能とよく言われますが、実際に資格を取得するには800点以上位の英語力が必要なのではないかと感じています。(周囲で資格を取得した人は大体それ位の英語力の方が多かったです)

米国公認会計士試験の勉強法

独学での取得は難しいので、スクールや通信講座にて取得することをオススメします。

勉強法米国公認会計士 勉強法
テキスト米国公認会計士 テキスト
問題集米国公認会計士 問題集
通信・通学講座アビタス
資格の大原

資格を活かせる仕事

米国各州が認定する公認会計士資格で、世界で最も認知度の高い会計士資格と言われているので、海外での会計職への就職・転職にには大いに活用することが出来ます。

その他、日本でも外資系企業の会計職で活躍することも可能だしそちらの方が現実的です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

金融・会計・簿記
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました