米国上級秘書資格試験の難易度・合格率・試験日など

この資格は、アメリカのIAAP(International Association of Administrative Professionals)という、世界最大のプロフェッショナル認定団体が実施している高度な秘書の実力度を測る検定です。

この検定に合格すると、CAP(米国・公認秘書)という国際資格を得られます。

試験内容は、秘書の仕事に含まれる、マネージメント、ビジネスコニュミケーション、IT,情報セキュリティ、会計、といった広範なものとなります。

しかし、それだけに現在のグローバル化された社会では必須の資格であり、ビジネスと英語、どちらの能力も高めたい人には挑戦し甲斐のある資格です。

但し、この資格の認定期限は3年間ですので、再認定を受ける為には60時間以上の継続教育を受ける必要があります。

スポンサーリンク

米国上級秘書資格試験とは

資格名米国上級秘書資格
人気将来性
就・転職難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル事務・ビジネス・経営
資格区分なし
受験資格高卒以上で実務経験が2~4年、雇用証明書が必要
試験日程5月、11月(年2回)
試験場所世界各国250の会場
試験内容筆記試験(4択):約300問
免除科目
合格点70%以上の正解率
受験料30,000円
登録・更新3年ごとにIAAPへ再認定申請が必要
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせバベル 
関連資格CBS「国際秘書」秘書技能検定医療秘書技能検定TOEIC

試験内容

問題数は約100問

コミュニケーション、組織とプランニング、情報配布、記録管理、物品および情報資源、文書作成、財務機能人事

合格率

合格率は約50%

難易度

アメリカの試験ですので、難易度は高く相当な英語力が必要なのは言うまでもありません。

日本人ではこれまで200名程しか合格していない狭き門です。

資格を活かせる仕事

外資企業や海外企業への就職や外資系企業に転職したい人が、この検定をよく受けています。

タイトルとURLをコピーしました