米国上級秘書資格試験の難易度・合格率・試験日など

事務・ビジネス・経営の資格

米国上級秘書資格(CAP)は、アメリカ、カンザスシティに本部を持つ世界最大級の秘書協会てある、IAAP(International Association of Administrative Professionals)が実施しているオフィスプロフェッショナルを認定する国際資格になります。

当資格に求められるスキルは、英語力、マネジメント・ビジネスコミュニケーション・会計・IT・情報セキュリティなど、ビジネスに必要な能力を問われます。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 米国上級秘書資格
評価
調査中
資格種別 民間資格
資格区分 なし
受験資格 高卒以上で実務経験が2~4年、雇用証明書が必要
試験場所 世界各国250の会場
試験方法 筆記試験(4択):約300問
免除科目
合格基準 70%以上の正解率
受験料 30,000円
登録・更新 3年ごとにIAAPへ再認定申請が必要
問い合わせ バベル 
関連資格
  • CBS「国際秘書」(国際秘書として活躍したいなら併せて取得しておきたい)
  • 秘書技能検定(秘書の定番資格!事務職を目指す学生さんに必須の資格)
  • 医療秘書技能検定(病院やクリニックで院長のサポートする為の知識を養う)
  • TOEIC(基礎的な英語力を身につけるならまずこれ)

事務・ビジネス・経営の資格一覧

試験日程

5月、11月(年2回)

試験内容

コミュニケーション、組織とプランニング、情報配布、記録管理、物品および情報資源、文書作成、財務機能人事

受験者数・合格率

合格率は約50%

試験の難易度

調査中になります。

試験の勉強

米国上級秘書資格 勉強法(準備中)

資格を活かせる仕事

調査中になります。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事