CBS(国際秘書)検定試験の難易度・合格率・試験日など

「一般社団法人 日本秘書協会」が実施しているCBS(国際秘書)検定は、英語と日本語を使いこなすことができて秘書としての能力を持つオフィスプロフェッショナルであることを証明できる資格です。準CBS資格とCBS資格があります。

実務で活用できる内容が試験に出題されることから、企業内や教育機関から高い評価を得ています。

CBS資格を受験したい場合は準CBS資格に合格していなければなりません。試験は年2回春と秋に実施されています。

準CBS資格を受けるためにはオリエンテーションに参加する必要があります。オリエンテーションに参加して、プライマリー講座を受講し、試験に挑みます。講座で試験の中で出題される内容をしっかりと学んでいきます。

準CBSを取得するCBSプライマシー試験ではビジネス実務とビジネス英語についての問題が出題されます。

CBSを取得するCBSファイナル試験ではオフィス管理業務や経営管理、秘書実務についての試験と英語による面談が行われます。ファイナル試験もファイナル講座という試験対策の講座が行われますのでこちらに参加して受験することになります。

国際秘書として活躍したい人のための試験です。

スポンサーリンク

CBS検定とは

資格名CBS(国際秘書)検定
人気将来性
就・転職
【プライマリー】
難易度
【プライマリー】
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル英語・外国語
資格区分プライマリー、ファイナル
受験資格【プライマリー】誰でも受験できます
【ファイナル】プライマリー試験の合格者
試験日程下記参照
試験場所【プライマリー】東京、大阪、名古屋
【ファイナル】東京(損保会館)
試験内容【プライマリー】筆記試験(選択式と記述式)
【ファイナル】筆記試験(選択式と記述式)、面接試験
免除科目ファイナル試験では科目合格制度あり(4年間有効)
合格点【プライマリー】
「総合得点の70%以上の得点」+「各科目の合格点が所定の合格点を満たしている」
【ファイナル】
「各科目70%以上の得点」+「面接は面接官の合否判定」
受験料【プライマリー】9,800円
【ファイナル】20,000円
登録・更新
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ一般社団法人 日本秘書協会
関連資格秘書技能検定米国上級秘書資格BATIC医療秘書技能検定

試験日

【試験日】
<プライマリー>①11月中旬、②5月下旬
<ファイナル>9月下旬(2日間)

【申込期間】
<プライマリー>①9月初旬〜10月中旬、②4月上旬~5月中旬
<ファイナル>8月初旬~9月上旬

【合格発表】
<プライマリー>①12月頃、②6月頃
<ファイナル>11月上旬頃

試験内容

プライマリー試験

ビジネス実技(60分)

電話・来客応対、会議、出張、スケジュール管理、文書管理、慶弔・プロトコールの基礎知識、ビジネスの場で必要な日本語の言葉づかい・表現、ビジネス文書のマナー・文書作成

ビジネス英語(60分)

電話・来客応対などのビジネス会話に必要な表現と丁寧表現、ビジネス文書に必要な語彙と文法の基礎知識、英文解釈、ライティング

ファイナル試験

オフィス業務管理 (90 分)

秘書業務管理、レコードマネジメント、秘書適性、英文表記技法、リスニング

経営管理 (90 分)

経営・会計・法律

秘書実務(インバスケット方式)(160 分)

いくつかの秘書の日常業務について優先順位や処理方法を考え、実際に処理する

面接(10 分)

日英両語による個人面接

受験者数・合格率

プライマリー試験

実施時期受験者数合格率
2016年非公開54.0%
2015年71.0%
2014年70.2%
2013年54.1%
2012年48.1%
2011年49.6%

ファイナル試験

実施時期受験者数合格率
2016年非公開18.1%
2015年27.0%
2014年22.5%
2013年19.7%
2012年28.0%
2011年28.2%

難易度

グローバルな秘書業務を遂行を目的とした検定のため、日本語だけでなく英語の能力も問われるので、難易度は低くありません。

TOEIC500点程度の英語力が必要と言われているので、それほど高い英語力が求められるという訳ではありませんが、試験と並行して英語をしっかりと身につけることは大切です。

ファイナル(CBS)試験を受験するためにはプライマリー(準CBS)試験に合格する必要があり、合格するまでの道のりは長くなるでしょう。

プライマリー試験の合格率は50%後半と言われているため、それほど難易度は高くありませんが、ファイナル試験となると20%を切るので油断はできません。

講義などで身につけた力を発揮できるように取り組みましょう。

勉強法

「CBS(国際秘書)検定対応 問題集」を活用して、模擬問題を徹底的にこなしていく勉強法が最も合理的です。。

テキストの内容を理解した上で、日本秘書協会が開催しているセミナー等にも併せて受講するとより効果的です。

CBS(国際秘書)検定試験の独学勉強法

CBS(国際秘書)検定と秘書検定との違い

CBSは国際秘書検定ともよばれる通り、日本語と英語を同じように使用し、秘書業務を遂行できる人材として認められた資格です。

ですから、試験は日本語と英語の両言語からの出題となります。

一方秘書検定は国際的な秘書として認められる資格ではありません。

秘書検定では1級に限っては、資格取得後1年以内に実用英語技能検定2級以上もしくはTOIEC470点以上の検定試験に合格することが必要となっています。

つまり、秘書検定では英語力が問われるのは1級だけであり、1級であってもそれほど高度な英語力は必要とされていません。

CBSはビジネス実務とビジネス英語が範囲となっているプライマリー試験と、秘書実務、経営管理、オフィス業務管理が範囲となる筆記試験と面談のファイナル試験の2種類があります。

ファイナル試験はプライマリー試験に合格しなければなりません。秘書検定1級、準1級ともにも面接試験がありますが、ほとんどが日本人との面談です。

ですがCBSは日本人、外国人どちら友の面接が行われます。これも大きな違いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

外国語の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました