秘書技能検定試験の難易度・合格率・日程など

資格名 秘書技能検定
評価【2級】
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 1級、準1級、2級、3級
受験資格 誰でも受験できます
試験方法 1級・準1級:筆記試験・面接
2級・3級:筆記試験
試験場所 全国各地
試験日程 1級・準1級:6月・11月
2級・3級:2月・6月・11月
申込期間 試験の約2ヶ月前から約1ヶ月前まで
合格発表 試験の約1か月後を目途に発表
受験料 1級:6,100円
準1級:4,900円
2級:3,800円
3級:2,600円
準1+準2級:8,700円
2級+3級:6,400円
問い合わせ先 公益財団法人 実務技能検定協会
スポンサーリンク

概要

秘書検定1

秘書検定は、「実務技能検定協会」が実施ている公的資格で、一般常識やマナー・礼儀、ファイリング技術など、一般事務で勤務する人には必須のスキルを身に付けれることから、多くの学生が取得を目指している人気資格になります。

資格区分は、1級~3級までありますが、就職・転職では最低でも2級以上の取得を目指したいですね。

2級までは独学でも十分取得可能ですが、準1級、1級の試験はかなりの難関になり、更に筆記試験に合格しても面接(ロールプレイング)が行われますので、独学での取得は難しいので、勉強法としては、通信講座や専門学校などでしっかりと勉強することが必要になります。

就職事情が厳しい中で、少しでも有利に進めれる様に是非とも取得しておきたい資格の一つと言えるでしょう。

試験内容

1級

1次試験(筆記試験)

必要とされる資質、職務知識、一般知識、マナー・接遇(実技)、技能(実技)

2次試験(面接)

報告・対応に関する質疑応答(15分程度)

準1級

1次試験(筆記試験)

必要とされる資質、職務知識、一般知識、マナー・接遇(実技)、技能(実技)

2次試験(面接)

あいさつ・報告・対応に関する質疑応答

2級

必要とされる資質、職務知識、一般知識、マナー・接遇(実技)、技能(実技)

3級

必要とされる資質、職務知識、一般知識、マナー・接遇(実技)、技能(実技)

免除科目

1次試験(筆記試験)のみの合格者は、1年間に限り1次試験が免除

合格基準

  • 筆記試験と実技試験共に60%以上の得点
  • 面接試験は明確な基準は無し

受験者数・合格率

2016年11月

区分 受験者数 合格率
1級
準1級
2級 30,717人 53.7%
3級 14,713人 61.0%

2016年6月

区分 受験者数 合格率
1級 1,099人 33.2%
準1級 5,896人 34.1%
2級 32,812人 61.6%
3級 18,101人 69.1%

試験の難易度

全くの無知の状態から勉強を始めて、一般的に3級で2週間程度、2級だと1ヶ月~2ヶ月程度の勉強期間が必要になります。(毎日勉強することが条件になります)

準1級、1級になると面接試験が加わるので難易度はアップしますが、筆記試験のレベルはそれほど高くないので独学でも十分取得可能です。

試験の勉強

当協会が出している問題集があるので、そちらの過去問を徹底的にこなしていくことが重要になります。

後は、時事問題も対応できるように、新聞やニュースにも目を通しておくと良いでしょう。

勉強法 秘書検定 勉強法
テキスト 秘書検定 テキスト
問題集 秘書検定 過去問

資格講座の紹介

資格講座は色々ありますが、先ほども言いましたがそこまで難しい試験ではありませんので、通学ではなく通信講座で十分です。

通信講座であれば、ヒューマンアカデミーの「秘書検定+ビジネスマナー講座」がお勧めです。

こちらの講座は秘書検定の対策の他にも社会人になった時に必要はビジネスマナーも同時に学ぶことができるので、学生さんにお勧めの講座です。費用も1万円弱なので、他の通信講座と比べても気軽に受講することができます。

その他には、ユーキャンの「秘書検定講座」のテキストが分かりやすいのでお勧めです。

資格を活かせる仕事

秘書検定という検定名なので、秘書でしか有利にならないとお考えの方もいるかもしれませんが、ビジネスマナーを取得していると言う証明になる資格になるので、事務職を中心に様々な職種で有利になります。

ただ、就職や転職で使うとなると、3級だとあまり効果が期待できないので、最低でも2級以上は必要になります。

口コミ・体験談

お勧め度 ★★★★★5

カオリン 20代女性(会社員)
2016年10月11日

日常でも役立つ!常識力アップ!
学生時代から怠けて生きていて、ある日ふと「自分には何もない!」と気づき、努力の証になるものが欲しくて資格取得を思いつきました。
取得の難易度が低いものを探していたら秘書技能検定3級に目が止まり、通信講座で勉強をし、3カ月後には資格を取得出来ました。
秘書技能検定3級を勉強してみてわかったことは、一般常識的な問題が多いので目論み通り日常でも役立つこと、苦手な分野があってもテキストを読み込めば難しくないことです。
常識力が問われる今、勉強しておいて損はない資格だといえます。

お勧め度 ★★★☆☆3

ももこ 40代女性(主婦)
2016年3月1日

若い受験者が多い
私が秘書検定を受験しようと思ったキッカケは、派遣会社の求人広告などでは事務の仕事の中にいくつか秘書の仕事があるのを見て気になったからです。
書店で秘書検定の問題集を見た時に、この内容なら必ず役に立つから勉強したいと思いました。問題には比較的簡単に見える一般常識的に答えられるものから、解説を一度読んだだけでは理解するのが難しいような高度なものが色々とありました。
実際の試験問題も引っ掛け問題なのかと思うものもあり苦戦しました。就職活動を控えた20代前半の若い女性が多く受験していた印象でした。

お勧め度 ★★★☆☆3

サバンサ 30代女性(会社員)
2016年2月12日

取得したキッカケ
取得のきっかけは、今までの自分の職歴が接客業ばっかりだったので、事務系の仕事にも興味を持ち、秘書検定を学べば少しは事務の知識が身に付くかなと思ったからです。
2級までは筆記試験だけで良いので、手軽に受けれます。準1級と1級は筆記試験に受かれば面接があるので少し面倒です。難易度は、実務のある方にとっては簡単だと思います。
ただ、私のような全く経験の無い者にとっては初めて学ぶことばかりなので、そこそこ勉強しないと難しいと感じました。といっても、対策本1冊をしっかりやれば大丈夫だと思います。

お勧め度 ★★★★★5

加奈子 30代女性(会社員)
2015年3月18日

社内で好印象を持ってもらえる資格
秘書検定は、就職活動のために取得しました。
試験内容はテキストの内容どおりで、簡単だったと思います。受験者は、10代から20代の若い女性が多かったです。出題内容は、上座のマナーや文書作成における基本、来客応対の内容が出ました。
秘書検定のメリットは、社会人としての基本的なマナーが学べるということです。電話での話し方や手紙の書き方、お茶の出し方、エレベーター・階段での立ち位置など、学校では教わらないことばかりです。
社会人になっても、ゆっくり教わる機会はないと思いますので、勉強しておいて損はないかと思います!女性は特に、社内で好印象が得られますよ。

お勧め度 ★★★★★5

萌 20代女性(フリーター)
2015年11月14日

2級を取りました
秘書技能検定は、その名前ながら2級までは秘書業務固有の内容はあまり多くなく、社会人全般としてわきまえておくべき常識に関する問題が大半です。
そのため、新入社員として社会に出た1年目の時に勉強して同資格(2級)を取得しました。どんな業界や職種だろうと、入社3年目くらいの社会人の人にはお勧めできる資格と思います。
名刺に渡し方や、電話の取り次ぎ方、応接室への上座・下座など、必ず使うわけではなくても、知っていないと損をする+恥をかく内容を一通り網羅することができるからです。マナー本で勉強するのも良いですが、それなら履歴書にも書けるこちらの資格の方が、よりお得だと思います。

お勧め度 ★★★☆☆3

ゆか 30代女性(会社員)
2015年1月4日

本屋で売っている対策本を1冊購入して勉強
勉強時間は、3~4ヶ月程度だったと思います。昔過ぎて覚えてません・・。大学生活やバイトと両立してやってました。
勉強方法は、本屋で売っている対策本を1冊購入しました。基礎知識と問題集がまとまっている物。読んで覚えて問題を解く・・という流れで勉強しました。大学に資格取得支援の講座があったけれど、利用しませんでした。
資格の取得を目指すキッカケは、2級は基本的なビジネスマナーがメインと大学で聞いたので、就職活動に活かせると思ったからです。
資格を取得してメリットを感じることは、就職活動当時は、ビジネスマナーをあまり知らない人より、気を付けて対応できていたと思います。内定に有利に働いた、ということは無いと思います・・。
資格取得に投資したお金は、金額ははっきり覚えてないけれど、対策本の料金と受験料、試験会場までの交通費くらい。
就職を目指す方にとって、取得しておいて損はないと思います。ビジネスマナーを学べるうえに、「資格」を取ることができるので。実践できないと何の意味もないけれど、知らない人よりは気を付けられると思います。
※2017年01月08日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク