貸金業務取扱主任者試験の難易度や合格率・日程など

資格名 貸金業務取扱主任者
評価
資格種別 国家資格
資格法令 名称独占資格
資格区分 なし
受験資格 誰でも受験できます
試験方法 筆記試験(択一式)
試験場所 全国各地
試験日程 11月中旬(年1回実施)
申込期間 7月初旬~9月中旬
合格発表 翌年1月上旬
受験料 8,500円
問い合わせ先 日本貸金業協会
スポンサーリンク

概要

賃金

貸金業務取扱主任者は、貸金業法に基づく内閣総理大臣の指定を受けて実施されている国家資格で、「日本貸金業協会」が平成21年6月から新設された資格になります。

不景気に伴い多重債務者が増加している背景と、グレーゾーン金利の廃止など、貸金業務の取り扱いが急務になっていることもあって、平成22年度からは、貸金業者は、その事業の規模に応じて、貸金業務取扱主任者の設置が義務付けられました。

貸金業の中でも、貸金業務取扱主任者は今後も重宝される資格の一つになるでしょう。

試験内容

法及び関係法令に関すること

貸金業法、同施行令、同施行規則、出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律、利息制限法、貸金業者向けの総合的な監督指針(金融庁)、事務ガイドライン、貸金業の業務運営に関する自主規制基本規則、紛争解決等業務に関する規則、「苦情処理及び相談対応に関する規則」に関する細則、貸付自粛対応に関する規則(日本貸金業協会)

貸付け及び貸付けに付随する取引に関する法令及び実務に関すること

民事法、民事手続法、倒産法、刑事法

資金需要者等の保護に関すること

個人情報保護法、消費者保護法、経済法、貸金業法その他関係法令

財務及び会計に関すること

家計診断、財務会計

免除科目

なし

合格基準

50問中約30問以上の正解率

受験者数・合格率

実施時期 受験者数 合格率
2015年 10,186人 31.2%
2014年 10,169人 24.5%
2013年 9,571人 28.1%
2012年 10,088人 25.8%
2011年 10,966人 21.8%
2010年 12,081人 32.9%

試験の難易度

誰でも受験できる割に30%前後の合格率があるので、国家試験の中ではそれほど難しい試験ではありません。

と言っても、200時間以上の勉強時間が必要になるので、それなりの対策は立てなければ合格は難しいでしょう。

試験の勉強

超難関の試験ではありませんので、独学でも十分取得することは可能です。勉強法としてはTACが発行している「貸金業務取扱主任者 合格テキスト」を中心に3ヶ月程の勉強期間で十分取得することができます。

(もちろん個人差はありますよ・・・)

勉強法 貸金業務取扱主任者 勉強法(準備中)
テキスト 貸金業務取扱主任者 テキスト
問題集 貸金業務取扱主任者 過去問

資格を活かせる仕事

消費者金融やクレジットカード会社などの金融業で活躍することが可能です。

貸金業務取扱主任者取得者を、営業所又は事務所毎1名を配置しなければなりませんので需要は高く、就職や転職で有利になる資格とも言えるでしょう。

口コミ・体験談

お勧め度 ★★★★☆4

sekai 30代男性(会社員)
2014年5月15日

第3回の試験に合格
現在の難易度は分かりませんが、少なくとも当時は簡単な試験でした。(調べた所、現在の合格率は当時の半分になってます。得した気分です。)
市販の問題集を1冊か2冊購入して数回まわしましたが、無料のネット塾で前2回の過去問解説を見たのが一番勉強になりました。業法からの出題が多く、宅建士と似た試験という印象を持ちました。
その他も常識で答えれば大丈夫でした。
※2017年09月08日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク