製菓衛生師試験の難易度・合格率・日程など

資格名 製菓衛生師
評価
資格種別 国家資格
資格法令 名称独占資格
資格区分 なし
受験資格 ・指定の製菓衛生師養成施設で、1年以上勉強し、技能等を修得
・中学校卒業者で、尚且つ2年以上菓子に関する実務を経験
上記のいずれかをクリアしなければいけません
試験方法 筆記試験:4肢択一式
試験場所 全国各地
試験日程 各都道府県により異なる
申込期間 各都道府県により異なる
合格発表 各都道府県により異なる
受験料 約10,000円
問い合わせ先 各都道府県の製菓衛生師試験の担当課(ホームページ無し)
スポンサーリンク

概要

製菓

製菓衛生師とは、お菓子やパンを製造する際の、公衆衛生に関しての知識を問う試験になります。試験は筆記試験のみで行われ、実技試験はありません。

試験自体は、それほど難易度の高い試験ではありませんが、受験資格を得るのに菓子製造に携わる実務経験か、製菓衛生師養成施設での勉強実績が必要になります。

また、製菓衛生師の資格を取得することで、開業時に必要な「食品責任者」としても認められます。

試験内容

衛生法規、公衆衛生学、栄養学、食品学、食品衛生学、製菓理論及び実技

免除科目

なし

合格基準

不明

受験者数・合格率

合格率は65%~80%程

試験の難易度

さほど難しい試験ではありませんので、受験資格さえ得ることができれば短期間の勉強期間でも十分合格可能です。

試験の勉強

試験にチャレンジしようと思う頃にはもう既に製菓衛生師についての知識がある程度付いていると思うので、後は過去問や模擬問題集を中心に問題の傾向を掴み練習していくのみです。

試験勉強期間としては1ヶ月程度あれば十分でしょう。(事前知識がある場合)

勉強法 製菓衛生師 勉強法(準備中)
テキスト 製菓衛生師 手引き
問題集 製菓衛生師 模擬テスト

資格を活かせる仕事

パティシエなど菓子製造業として、販売店やホテル結婚式場など、ありとあらゆる場所で活躍することが可能です。

パティシエの収入

参考までに、菓子製造業に従事する人の平均年収は320万円程度です。

他の職種に比べると給料水準は低いですが、知識とスキル、センスや人脈があれば独立開業も可能なので夢のある職種と言っても良いでしょう。

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年01月10日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事