お墓ディレクター検定試験の難易度・合格率・日程など

資格名 お墓ディレクター検定
評価 調査中
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 1級、2級
受験資格 1級:実務経験3年以上の2級取得者
2級:お墓の仕事に携わる人(関連業でも可)
試験方法 1級:筆記試験(正誤判定・多肢選択・記述式)
2級:筆記試験(正誤判定・多肢選択)
試験場所 札幌・仙台・東京・名古屋・京都・岡山・熊本
試験日程 1月下旬
申込期間 11月中旬~12月中旬
合格発表 3月中旬
受験料 1級:30,000円
2級:30,000円
問い合わせ先 日本石材産業協会
スポンサーリンク

概要

お墓

お墓ディレクター検定とは、日本のお墓文化を発展させるために作られた試験で「日本石材産業協会」が実施しています。

墓石小売業や石材業、墓石関連メーカーなどのお墓関連業に携わる人を対象にしているので、1級・2級共に実務経験が無ければ受験することはできません。

お墓ディレクターは更新制度があるので、5年に1度更新手続きをしなければいけません。

試験内容

1級・2級共に、テキスト「お墓の教科書」より出題

免除科目

なし

合格基準

70点以上

受験者数・合格率

受験者数・合格率の全てが非公開

試験の難易度

調査中

試験の勉強

当協会のホームページ内で テキスト「お墓の教科書」と模擬問題集を販売しているので購入して勉強して下さい。

お墓ディレクター検定 勉強法(準備中)

資格を活かせる仕事

墓石小売業や墓石施工業、墓葬品メーカーなどお墓に関係する職場で活躍することができます。

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年01月10日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク