葬祭ディレクター試験の難易度・合格率・試験日など

葬祭ディレクターとは、厚生労働省認定「葬祭ディレクター技能審査協会」が実施している認定試験で、葬祭業界で働く人にとって必要な知識や技能レベルを問う試験になります。

高齢化が加速している中で注目を浴びている資格の一つで、葬祭サービスが、消費者の身になり、消費者の視線に立って細やかで専門性を持っていることを求められています。

葬祭ディレクターという仕事は、業務独占資格ではありませんので、資格を取得しなくても葬祭ディレクターとしての業務を行うことができますが、葬祭ディレクターという肩書を得るために、取得しておきたいですね。

試験は「1級」と「2級」があり、どちらも筆記試験と実技試験で構成されています。2級を取得するには、葬祭業界にて最低2年以上の実務経験のが必要になります。

スポンサーリンク

葬祭ディレクター試験とは

資格名葬祭ディレクター試験
人気将来性
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
就・転職
【2級】
難易度
【2級】
資格種別民間資格
ジャンルサービス・販売
資格区分1級、2級
受験資格【1級】葬祭業界で5年以上の実務経験、もしくは2級を取得してから2年以上の実務経験
【2級】葬祭業界で2年以上の実務経験
試験日程9月上旬(年1回)
試験場所札幌、仙台、埼玉、東京、横浜、名古屋、京都、福岡
試験内容筆記試験(正誤判定問題、多肢選択問題)、実技試験
免除科目学科試験と実技試験のいずれか一方が基準点に達した者は一部合格者とし、3年度以内に同じ等級を再受験する場合には、合格している科目の受験を免除
合格点筆記試験、実技試験共に70%以上の得点
受験料【1級】54,400円【2級】39,000円
登録・更新
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ葬祭ディレクター技能審査協会
関連資格ABC協会認定ブライダルプランナー検定遺品整理士お墓ディレクター検定相続診断士エンディングノートプランナー

試験日

2019年度試験

【試験日】2019年9月11日(水)
【申込期間】2019年4月1日~5月10日
【合格発表】試験の2か月後を目途に発表

試験内容

1級

【学科試験】
正誤判定問題(50問)、多肢選択問題(50問)

【実技試験】
幕張(制限時間7分間)、接遇(制限時間2分間)、司会(制限時間6分間)、実技筆記試験(5問、解答時間30分間)

2級

【学科試験】
正誤判定問題(25問)、多肢選択問題(25問)

【実技試験】
幕張(制限時間7分間)、接遇(制限時間2分間)、司会(制限時間4分間)、実技筆記試験(5問、解答時間30分間)

受験者数・合格率

合格率は1級、2級とも50%~70%程

難易度

1級2級の合格率はそれぞれ6割~7割程度を推移しており、受験にはある程度の実務経験が必要なので、プロでも不合格となり得る難易度の高い試験です。

共に試験は学科と実技に分かれており、学科試験では宗教に関する知識や行政・法律に関する知識等も求められます。

実技試験では時間内に幕張装飾を行ったり、模擬的に司会の実演を行うなど実践に沿った内容に加え、実技に関する筆記試験も行われます。

合格基準は学科試験が70%以上の得点と、実技試験各項目が30%以上の得点且つ総得点が70%以上必要になるため、難易度はやや高めでしょう。

ただし合格した科目は3年以内であれば次回免除対象となるため、計画的に受験し合格を目指すことができます。

勉強法

葬祭ディレクター技能審査協会から販売されている、「葬祭ディレクター技能審査 模擬問題集」をメインに勉強すれば問題無いでしょう。

葬祭ディレクターの収入

葬祭ディレクターの平均年収は350万円~400万円程度と言われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

サービス・販売の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました