お墓ディレクター検定試験の難易度・合格率・試験日など

お墓ディレクター検定とは

お墓に関する幅広い知識と教養を持っていることを証明できる資格で、1級と2級があります。
一生に一度の大切なお墓づくりを後悔しないためにお墓ディレクターに相談される人が増えています。
この資格は、墓石小売業や石材業、墓石関連メーカーなどのお墓関連業に携わる人を対象にしているので、1級・2級共に実務経験が無ければ受験することはできません。
5年に1度更新手続きをしなければいけませんので取得する際は注意が必要です。

スポンサーリンク

目次

お墓ディレクター検定の基本情報

資格種別民間資格
ジャンルサービス・販売
資格区分1級、2級
受験資格【1級】実務経験3年以上の2級取得者
【2級】お墓の仕事に携わる人(関連業でも可)
試験日程1月下旬(年1回)
試験方法筆記試験
免除科目なし
試験場所札幌・仙台・東京・名古屋・京都・岡山・熊本
受験料【1級】30,000円【2級】30,000円
登録・更新資格の有効期限は5年。更新の際には所定の手続きが必要。
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ日本石材産業協会

【総合評価】(2級)

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

お墓ディレクター検定の試験日

2019年度試験

試験日申込期間合格発表
2020年1月22日(水)10月15日~12月16日3月中旬

お墓ディレクター検定の試験内容

出題形式

【1級】筆記試験(正誤判定・多肢選択・記述式)
【2級】筆記試験(正誤判定・多肢選択)

出題範囲

1級・2級共に、テキスト「お墓の教科書」より出題

合格点

70点以上

お墓ディレクター検定の受験者数・合格率

受験者数・合格率の全てが非公開

お墓ディレクター検定の難易度

基本的に試験問題はテキストの内容から出題されるので難しい試験ではありません。

お墓ディレクター検定の勉強法

当協会のホームページ内で テキスト「お墓の教科書」と模擬問題集を販売しているので購入して勉強しよう。

資格を活かせる仕事

お墓及びお墓の関連業で仕事をしていきたい人、現在仕事をしている人が取得する事で業務に役立てることができ、お客様からの信頼も得られより良いサービスを提供できる資格となっています。

お墓の関連業は、墓石小売業者、墓石加工業者、墓石クリーニング業者、墓石関連メーカー、墓石商社、卸、墓装品メーカー、墓石関連出版業など活躍できる場は広いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる