日本メイクアップ技術検定試験の難易度・合格率・試験日など

日本メイクアップ技術検定とは

国際的に通用するメイクアップアーティストの育成のために行われているもので、美容業界で活躍したい人だけでなくご自身のメイクスキルを高めるために受講される人もいます。
試験は新1級から3級まで5つに分かれています。
3級は特にセルフケアで受験される人が多く、スキンケアとベースメイク基礎知識、基本のメイクのテクニックがあるかどうか審査されます。
2級はフルメイクアップのテクニックがある事を証明できる資格です。
そして1級はメイクを施すモデルさんのお悩みをきちんと聞いてカウンセリングを行いながらメイクができる接客技術も問われる試験となっています。
1級資格を取得すると、化粧品売り場でのメイク用品の販売や、お客様にメイクをしてさしあげるという知識が十分にある事が証明できます。これから美容業界で仕事をしていきたい人、美容業界で働いている人で自分のスキルをさらに高めたい人におすすめの資格です。

スポンサーリンク

目次

日本メイクアップ技術検定の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル美容・健康
資格区分新1級、1級、2級、3級、4級
受験資格なし(飛び級はできません)
試験日程春と秋(年2回実施)
試験方法【新1級】実技試験
【1級】実技試験
【2級】筆記試験、実技試験
【3級】実技試験
【4級】筆記試験
免除科目なし
試験場所東京・名古屋・大阪・福岡・沖縄
受験料【新1級】5,500円【1級】6,500円
【2級】8,500円【3級】8,500円
【4級】8,500円
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ一般社団法人 JMA

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

日本メイクアップ技術検定の試験日

2019年度試験

試験日申込期間
2019年7月28日(日)4月1日〜6月27日
2020年2月23日(日)11月1日〜1月23日

日本メイクアップ技術検定の試験内容

出題範囲

実技試験

15分間でカウンセリングとスキンケア30分間で下地~モデルのリクエストを踏まえたイメージメイク

合格点

100点満点中、80点以上

日本メイクアップ技術検定の受験者数・合格率

合格率は、1級で40%程、2級で70%程、3級で75%程、4級で80%程になります。

日本メイクアップ技術検定の難易度

難しい試験ではありませんが、3級より上は実技試験を伴うのでそれなりの試験対策を取らなければいけません。

資格を活かせる仕事

メイクアップアーティストとして、エステサロンやヘアサロン、ブライダルサロンや結婚式場や化粧品メーカーなど活躍できる場は多数あります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる