スキンケアマイスター試験の難易度・合格率・試験日など

スキンケアマイスター試験とは

日本コスメティック協会が実施している資格で、美容総合検定という別名もあります。
スキンケアそのものや、化粧品のことはもちろん、サプリメント、エステティック、美容医療、関連法規などについての知識があることを証明する資格です。
WEB検定で受験できます。受験資格は特にないので、ご自分のお肌を大切にしたいなという方から、お仕事につなげたいなという方まで、幅広い方が受験をお考えになられる資格かと思います。
スキンケア関連のことは、日進月歩、常に進化しています。
そのため、この資格には有効期限があり、更新したいのであれば3年ごとに講習を受ける必要があります。
メイクが上手でも、お肌の状態が悪いとそれが透けて見えて、清潔感がなく見えるものです。
また、最近は女性だけでなく、男性もスキンケアを大切にし、綺麗なお肌でいたいと思われる方が増えています。
スキンケアに関する正しい知識で、自分自身やお客様の自信や魅力を引き出しましょう。

スポンサーリンク

目次

スキンケアマイスター試験の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル美容・健康
資格区分なし
受験資格なし
試験日程随時実施
試験方法WEB試験
免除科目なし
試験場所自宅など
受験料5,400円
登録・更新登録料は3,000円(3年毎の更新が必要)
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ一般社団法人 日本コスメティック協会

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

スキンケアマイスター試験の試験内容

出題形式

WEB試験(3択式:全50問)

出題範囲

化粧品、サプリメント、エステティック、美容医療、スキンケア、関連法規など

合格点

正解率 80%以上

スキンケアマイスター試験の受験者数・合格率

合格率は毎年75%ほど

スキンケアマイスター試験の難易度

試験の難易度としてはかなり低いので、美容業界で活躍している方は勿論、一般の方でも美容に興味のある方でしたら簡単に取得できる資格になっています。

スキンケアマイスター試験の勉強法

日本コスメティック協会から出版されている公式テキストがありますので、そちらをメインに勉強を進めれば十分合格できます。

資格を活かせる仕事

スキンケアマイスターは、サプリメント、美容医療も含め、化粧品販売やエステティック分野で活躍する為の、美容業界全体で必要な総合的専門知識を体系的に習得しているので、あらゆる美容分野で活躍する事が出来ます。

スキンケアマイスター検定は一般人だけでなく、美容クリニックの医師や看護師等のスタッフ、エステティシャン、ネイリスト、ヘアメイクアーティスト、美容ライター等、既に美容業界で働いている人も、美容専門学校生、大学生等、将来美容業界で働きたいと考えている人も受けています。

ですから、これから上記のような美容業界で働きたいと考えている人は是非取っておくと良い資格でしょう。

更に、レベルアップしたい人には、スキンケアマイスター検定を実施して日本コスメティック協会が同時に実施している協会認定指導員の資格も取ると良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる