ネイルアートデザイナー認定試験の難易度・合格率・試験日など

ネイルアートデザイナー認定試験とは

ネイルアートをするのに必要な知識や技術があることを証明してくれる資格で、試験は在宅で実施されます。

マニキュアをただ塗るだけではく、その上にラメを散らしたり、ストーンを置いてみたりと色々な工夫をして、ネイルアートを楽しみます。
とはいえ、これらのことを自分で自分の爪にするのは、なかなか難しく、サロンでお願いするという方、多いのではないでしょうか。
ネイルアートの技術だけでなく、爪や皮膚に関する知識もかなり詳しく問われるので、ただ単にネイルアートが好き、上手というだけでは合格は難しいかもしれません。
子育て中などの理由で、家から外に出られない人であっても、通信教育などを使って、ある程度、勉強されてから受験をされることをお勧めします。

スポンサーリンク

目次

ネイルアートデザイナー認定試験の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル美容・健康
資格区分なし
受験資格なし
試験日程偶数月(年6回)
試験方法在宅受験
合格点70%以上の評価
免除科目なし
試験場所自宅など
受験料10,000円
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ日本デザインプランナー協会

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

ネイルアートデザイナー認定試験の受験者数・合格率

時期受験者数合格率
2014年10,447人22.1%

ネイルアートデザイナー認定試験の難易度

合格率が20%程しかないことから、在宅受験といえど難易度は高めです。

ただ、受験資格が無くて遊び半分で受験されている方も多いので、しっかり対策を立てれば実務未経験者でも十分合格できるでしょう。

ネイルアートデザイナー認定試験の勉強法

先ほども言いましたが、この試験は決して簡単な試験ではありません。

ましてや、この資格の取得を目指す方の多くが、サロン従事者や主婦などでなかなか勉強の時間をとれる状況下に無い方が多いので、独学で取得を目指すよりネイルの通信講座を受講しながら取得を目指す方が良いかもしれません。

資格を活かせる仕事

この資格を持っていると、ネイリストとして、ネイルサロンへの就職に活かすことができます。

ネイルアートデザイナーとは、ネイルにラメやラインストーンなどを用いてデザインアートを施す技術を持っているということです。

ネイルを塗るだけであれば、自分自身で行うことはできますが、デザインアートとなると、自分自身で行うのは難しくなります。ですから、この資格を持っていると、ネイルサロンでも優遇されます。

また、この資格では、爪のケアの仕方や保護などについての知識もありますので、お客さまへ、ケアに関してのアドバイスをすることもできます。

ネイルサロンへ就職するのにも役立ちますが、自宅などでネイルサロンを開業する際にも、この資格が活かされます。

サロンを探しているお客さまの中には、だた、ネイルを塗るだけとか、グラデーションを付けるだけではなく、アートデザインを施してほしいと言う要望もあります。その際、この資格を持っていることを提示すれば、お客さまからも信頼して来店してもらえるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる