ネイルインストラクター認定試験の難易度・合格率・試験日など

ネイルと聞くと、綺麗に手入れされ飾られた爪をイメージされるかと思いますが、この検定試験はそういったことだけでなく、ネイルケアやリペア、及び、爪の健康といった爪に関する専門的知識が第三者に提供しても問題ないレベルに達していることを証明します。

資格取得後は個人で楽しんだり、自分のショップを持ったりする際の助けにもなりますし、講師としても活躍することが可能です。

試験はインターネットで申し込みを行い、在宅で受験をするシステムです。指定された期間に問題を解き、答案用紙を返送します。

受験資格も特になく、誰でも受験可能です。ただし、ネイルの技術は日進月歩ですし、流行も変わります。そのため、継続した勉強は欠かせません。

また、ネイルは自分の爪を害することもありますが、ネイルによって他者を傷つけてしまうこともあります。

ただ単なる見た目的なことばかりでなく、実の伴った美しさを演出できる人材の育成が目指されています。

ネイルスクールの無料一括比較

スポンサーリンク

ネイルインストラクター認定試験とは

資格名ネイルインストラクター認定
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル美容・健康
資格区分なし
受験資格なし
試験日程偶数月(年6回)
試験場所自宅など
試験内容在宅受験
免除科目
合格点70%以上の評価
受験料10,000円
登録・更新
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ日本インストラクター協会
関連資格

ネイルインストラクター認定試験の受験者数・合格率

非公開

ネイルインストラクター認定試験の難易度

調査中になります。

ネイルインストラクター認定試験の勉強法

ネイルスクールの無料一括比較

勉強法準備中
テキストネイルに関するテキストを探す
通信講座ヒューマンアカデミーのネイル通信講座

資格を活かせる仕事

ネイルサロンやネイル教室の講師など活躍できる場は広いです。

ただ、「ネイリスト技能検定試験」や「JNAジェルネイル技能検定試験」など他のネイル資格に比べると企業認知度が低い資格になるので、これらの資格を持っていなければまずはそちらを目指した方がいいです。

ネイルインストラクターと一緒に取得したい美容資格

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

美容・健康の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました