MENU

プロダクトデザイン検定試験の難易度・合格率・試験日など

2020 5/25
プロダクトデザイン検定試験の難易度・合格率・試験日など
プロダクトデザイン検定とは

日本インダストリアルデザイナー協会が実施している、プロダクトデザイナーとしての専門性の確立と、社会的信頼性の向上を目的とし、プロダクトデザインの普及・啓発を目的とし、商品開発に関わる全ての人に向けた関連知識の評価基準となる検定試験になります。

ちなみにプロダクトデザイン(PD)とは製品のデザインのことです。

受験者の取得目的は様々で、現役のデザイナーが自身のプロダクト知識をより深める為に取得を目指したり、これからデザイナーを目指す人が、就職、転職をする際に、企業の信頼性、評価を高める為に取得を目指しています。

スポンサーリンク

目次

プロダクトデザイン検定の基本情報

資格名 プロダクトデザイン検定
人気
将来性
就・転職
【2級】
難易度
【2級】
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別 民間資格
ジャンル クリエイター・デザイン
資格区分 1級、2級
受験資格 なし
試験日程 随時実施
試験場所 全国70ヶ所の試験センター
試験内容 筆記試験(4択問題[100問])
免除科目
合格点 【1級】総合得点おおむね70%以上
【2級】総合得点おおむね60%以上
受験料 10,500円
登録・更新
問い合わせ 公益社団法人 日本インダストリアルデザイナー協会
関連資格

スポンサーリンク

プロダクトデザイン検定の試験内容

1級 プロダクトデザインについての知識と技術を習得し、具体的な方法や留意事項の指示を受け業務を遂行できるレベルです
2級 プロダクトデザインに関わる仕事をするにあたって必要とされる、基本的な知識を有しているレベルです

プロダクトデザイン検定の受験者数・合格率

時期 受験者数 合格率
2015年 182人 82%
2014年 184人 52%

プロダクトデザイン検定の難易度

難しい試験ではありません。

プロダクトデザイン検定の勉強法

勉強法としては、日本インダストリアルデザイナー協会が発行している、公式テキストを用いて行うのが、最も効率の良い勉強法と言えるでしょう。

受験者の口コミ評判

まだありません。(口コミを投稿する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる