ドイツ語技能検定試験の難易度・合格率・試験日など

スポンサーリンク

ドイツ語技能検定(独検)とは、「ドイツ語学文学振興会」が実施している試験で、1992年に開始されてからこれまで累計約33万人が受験しています。

現在、大学のドイツ語学科に在籍している学生やこれからドイツに旅行に行きたい人、またドイツが好きなので現地語でその文化を理解したい人等が、自分のドイツ語の力を知る為に受験しています。

また、ドイツ語技能検定を単位認定に取り入れている大学や、入学試験時に優遇措置を取る大学もあるので、受験生も積極的に受けるようになってきました。

試験は1級~5級まで分けられています。各級とも、筆記試験とリスニングがあり、準1級と1級は一次試験と二次試験があります。

独検1級に合格すれば、ドイツ語の通訳案内士試験の筆記試験が免除される特典がありますので、通訳ガイドを目指している人には大変お薦めの検定です。

近年では40代~60代の旅行好きな方が趣味で取得するパターンも増えてきており今後注目されるであろう資格の一つと言えます。

スポンサーリンク

ドイツ語技能検定とは

資格名ドイツ語技能検定
人気
将来性
就・転職
【3級】
難易度
【3級】
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル英語・外国語
資格区分1級、準1級、2級、3級、4級、5級
受験資格なし
試験日程【1級・準1級】12月初旬(年1回)
【2級~5級】6月中旬、12月初旬(年2回)
試験場所全国各地
試験内容【1級・準1級】筆記試験・聞き取り試験(一次試験)、口述試験(二次試験)
【3級~5級】筆記試験・聞き取り試験
免除科目1級準1級の一次試験免除有資格者は,申請することによって一次試験の受験が免除
合格点一定水準を満たすことで合格(明確な基準は不明)
受験料【1級】12,000円【準1級】10,000円
【2級】8,000円【3級】6,500円
【4級】4,500円【5級】3,500円
登録・更新
口コミ1件 (口コミ投稿
問い合わせ公益財団法人 ドイツ語学文学振興会
関連資格通訳案内士実用フランス語技能検定実用イタリア語検定スペイン語技能検定

試験日

2019夏

【試験日】
2019年6月23日(日)

【申込期間】
2018年4月1日~5月16日

【合格発表】
試験の約1か月後を目途に発表

2019冬

【試験日】
<全級一次試験>2019年12月1日(日)
<1級準1級二次試験>2020年1月26日(日)

【申込期間】
2019年9月1日~10月18日

【合格発表】
試験の約1か月後を目途に発表

試験内容

1級と準1級は筆記試験、聞き取り試験、口述試験で行われ、2級~5級に関しては筆記試験、聞き取り試験で行われます。

1級

筆記(一部書き取りを含む)(120分) 聞き取り(約35分)

準1級

筆記(一部書き取りを含む)(90分) 聞き取り(約35分)

2級

筆記(一部書き取りを含む)(80分) 聞き取り(約30分)

3級

筆記(60分) 聞き取り(約25分,一部書き取りを含む)

4級

筆記(60分) 聞き取り(約25分,一部書き取りを含む)

5級

筆記(40分) 聞き取り(約20分,一部書き取りを含む)

2次試験

ドイツ語を母語とする人および日本人による口述試験

受験者数・合格率

2018年冬季

区分受験者数合格率
1級217人12.44%
準1級583人29.85%
2級1,192人37.08%
3級1,938人57.53%
4級2,240人67.54%
5級785人98.34%

2018年夏季

区分受験者数合格率
1級265人23.02%
準1級753人38.51%
2級922人44.14%
3級1,450人57.10%
4級1,233人67.07%
5級659人96.36%

2017年冬季

区分受験者数合格率
1級238人10.08%
準1級683人30.16%
2級1,257人36.04%
3級2,096人54.87%
4級2,296人57.80%
5級941人94.26 %

難易度

1級

数年以上にわたって恒常的にドイツ語に接し,十分な運用能力を有する人。

1級については、実際にドイツに在住している方やドイツ語と関わる仕事をしている方を対象にしているので、もはや勉強だけでどうにかなるレベルの難易度ではありません。

ドイツ語を不自由なく使えることは勿論ですが、会話形式で出題される日本語も複雑なので、日本語の内容を理解してドイツ語に訳するということはかなり難しいです。

合格率は10%弱になりますので、合格するには相当の勉強量が必要になります。

準1級

ドイツ語の授業を数年以上にわたって継続的に受講し,各自の活動領域においてドイツ語に習熟しているか,これと同じ程度の能力のある人。

1級と同様に会話形式による口述試験があることにより合格率は30%程と低いですが、1級ほど複雑な形式ではありませんので、難易度は若干下がります。

2級

ドイツ語の授業を約180時間(90分授業で120回)以上受講しているか,これと同じ程度の学習経験のある人。

180時間の学習時間とありますが、仮に完全独学で勉強する場合、1日2時間の勉強時間を確保できたとしても3ヵ月(90日)の勉強期間が必要になります。

日常会話を問題なくできる方を対象にしているので、ドイツ語を使った仕事や科目を先行している方からしてみればそれほど難しくないかもしれません。

3級

ドイツ語の授業を約120時間(90分授業で80回)以上受講しているか,これと同じ程度の学習経験のある人。

3級は初級文法をメインに簡単な会話や文章を書ければ取得できるレベルなので、これから初めてドイツ語検定を受験される方でも勉強すれば問題なく取得できます。

4級

ドイツ語の授業を約60時間(90分授業で40回)以上受講しているか,これと同じ程度の学習経験のある人。

ここまでくると学生を対象にしているので、難易度はかなり下がります。

対象の語彙も1000語とかなり少ないです。

5級

ドイツ語の授業を約30時間(90分授業で20回)以上受講しているか,これと同じ程度の学習経験のある人。

5級は挨拶や日常生活でよく使うフレーズを覚えておけば合格できるレベルです。

お遊びレベルの難易度になるので、真面目にドイツ語を勉強したいのであれば4級から目指した方がいいです。

合格率も95%を超えているので、あまり意味のない区分と言えます。

勉強法

公益財団法人ドイツ語学文学振興会が出版している過去問を徹底的にこなして試験の傾向を抑えることが重要です。

長文問題が多くなるので、集中力を切らさず試験に対応できる忍耐力が必要になります。

ドイツ語技能検定の独学勉強法

資格を活かせる仕事

ツアーガイドやドイツ語の講師や外資系企業など、活躍できる場所は沢山ありますが、仕事で活かしたいのであれば最低でも3級以上(できれば2級以上)を目指すようにして下さい。

ちなみに、3級と4級の難易度はそれほど変わりませんので、ステップアップの為にまずは4級を受験しようと思う方でも、いきなり3級を目指した方が良いです。

受験者の口コミ

すぐ60歳ですが、ドイツ語検定の3級に合格しました。まったくのABCから三年前に独学で始めました。昔読んだ小説を原語で読めるようにするためです。テスト聞き取りはゆっくりで、数や天気予報や、注文など日常ありがちな場面の問題です。筆記文法は、こまかい問題がでます。まず文法書をていねいにやりました。
CDでかんたんな会話、やさしい本を読めるようにして、その後、どれかの問題集をやっておけばよいです。
ドイツ語は発音がやさしいし、文法は英語より規則的です。年をとってから、このゆたかな言語に出会いましょう。ハイネやヘッセをあなたに。ゆたかな文学世界を広げてくれます。(60代女性 無職)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

外国語の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました