パターンメーキング技術検定試験の難易度・合格率・試験日など

パターンメーキング技術検定とは

洋服のデザインからパターン(型紙)を起こす専門的な知識や技能を問う検定試験になります。
ファッション教育機関に学ぶ学生が、卒業後にアパレル企業などのパターン技術者として十分な活躍ができるように、また、デザイナーとして就職する際にも習得しておくべき重要な技術として、身に付けてもらう目的で実施することを目的としています。
試験は、理論と製図知識を問う一次試験と、ボディを使用しての実寸による二次試験に分かれており、一次試験を合格することでに二次試験に進むことができます。

スポンサーリンク

目次

パターンメーキング技術検定の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル衣服
資格区分1級、2級、3級
受験資格なし
試験日程日本ファッション教育振興協会のホームページで確認
試験方法筆記試験、実技試験
免除科目なし
試験場所東京、大阪など指定された会場
受験料【1級】17,000円【2級】13,000円
【3級】12,000円
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ一般財団法人日本ファッション教育振興協会

【総合評価】(3級)

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

パターンメーキング技術検定の試験内容

出題範囲

デザイン画、パターンメーキングに関する諸条件、素材スワッチ

合格点

60%以上の正解率が目安(明確な基準はなし)

受験時の持ち物

筆記試験受験票・筆記用具・定規・ハサミなどの用具・トレーシングペーパー・電卓など
実技試験受験票・筆記用具・シーチング・肩パット・原型・各種定規・パターン用紙・カッターなどの用具・電卓など

パターンメーキング技術検定の受験者数・合格率

合格率は3級で60%程

パターンメーキング技術検定の難易度

ファッション(服飾)専門学校で4 年以上知識・技術を習得し、実務経験を5~6年程度積み、ファッション造形とパターンメーキング、グレーディングに関する高度な知識・技術を持ち、プロのパターンメーカーとして指導的な能力を発揮できるレベル

受験者に難易度を聞いた
  • 実技試験で苦労する人が多い様です。(30代男性)

パターンメーキング技術検定の勉強法

受験資格はありませんが、実技試験を伴うため独学での取得は現実的に困難なので、合格者の多くはファッションに関する専門学校に通っています。

ただ、専門学校に通う時間やお金が無い方には、対策講座を行っているので検討してみて下さい。

資格を活かせる仕事

パタンナーとして活躍することが可能です。

パタンナーの収入

パタンナーの平均年収は300万円程度ですが、働く職場で大きく異なり、アパレルメーカでは比較的高収入を得ることも可能ですが、小さなデザイン事務所の場合、年収200万円に満たないこともザラです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる