洋裁技術検定試験の難易度・合格率・試験日など

洋裁技術検定とは

ファッションに関する知識や技術を高めるため、1969年に設立された日本ファッション教育振興協会が認定している学校の学生のみ受験することができる民間資格です。
洋裁に関して学び、その技術を用いて活躍したいと考える人の知識や技術を審査し、社会に証明するための検定です。
初級、中級、上級の3つにレベルが分かれています。
合格率は初級、中級、上級ともに8割程度と言われており、学校でしっかりと勉強すればまず合格できると考えられています。
洋裁関係の資格でも社会的認知度の高い資格になりますので、受験資格を得られる人は積極的に取得したい資格になります。

スポンサーリンク

目次

洋裁技術検定の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル衣服
資格区分初級、中級、上級
受験資格日本ファッション教育振興協会が認定した学校の学生のみ
試験日程1月中旬(年1回)
試験方法筆記試験、実技試験
免除科目なし
試験場所各学校
受験料3,500円
登録・更新認定料2,500円
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ一般財団法人日本ファッション教育振興協会

【総合評価】(初級)

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

洋裁技術検定の試験日

2020年度試験

試験日申込期間
2021年1月中旬予定未定

洋裁技術検定の試験内容

理論

上記中級の基礎知識、服装史、流行と社会生活、実技に必要な知識

実技

一般的デザイン作品の制作

洋裁技術検定の受験者数・合格率

合格率は全級共通で80%程

洋裁技術検定の難易度

どの区分も合格率は80%程あるので、学校で真面目に勉強すればそれほど苦労する試験でもありません。

受験者に難易度を聞いてみた
  • 初級の難易度は割と低めだと思います。暗記をしていけば簡単に受かります。暗記項目としては洋裁道具の名前や、素材知識などが求められます。実技もありますが初級まではまだ簡単です。ただ中級となると暗記したものを発展させて実技に取り組む必要があるので難しくなります。上級は暗記する内容や量、実技の難易度もぐっと上がりさらに難しくなります。(30代女性 会社員)

資格を活かせる仕事

洋裁関係の専門学校生は必ずと言って良い程取得するのが、この洋裁技術検定です。この資格を取得すると、「洋裁に付いての実技力がある」と認められます。

洋裁検定と聞くと、趣味の範囲と捉える人もいますが、上級試験に受かるには相当専門的な知識と実技力が無いと受かりません。

この資格は、主に婦人服と子供服を製作出来る技術を持っている事を示すので、即戦力としてアパレル関係に就職する事が出来ます。

又、デパートの洋服売り場でも需要があります。洋服の構造に熟知しているのでお客様の身体に合った服を薦められるからです。

又、自宅やカルチャーセンター等で洋裁教室を開いている人もいれば、自宅で注文を受け、お客様と相談の上、デザインを決めてオーダーの服を作る形で収入を得る事も出来ます。

受験者の口コミ評判

タップ(クリック)で口コミが見れます

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる