ドクターズ クラーク試験の難易度・合格率・試験日など

ドクターズ クラーク試験とは

医師事務作業補助業務に従事する、もしくはこれから目指されている人を対象に行われる認定試験で、職業能力の向上と社会的経済的地位の向上を目的としています。
別名、医師事務作業補助技能認定試験と呼ばれています。
同じ日本医療教育財団が実施している「メディカル クラーク」に比べると受験資格を要することから、認知度が低いです。

スポンサーリンク

目次

ドクターズ クラーク試験の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル医療・心理
資格区分なし
受験資格・教育機関等が行う教育訓練を履修
・医療機関等において医師事務作業補助職として6ヵ月以上(32時間以上の基礎知識習得研修を含む)の実務経験
・認定委員会が前各号と同等と認める者
のいずれか
試験日程1月、3月、5月、7月、9月、11月(年6回・土曜日)
試験方法【筆記試験】択一式(25問、50分)
【実技試験】医療文書作成(4問、60分)
合格点それぞれの科目で70%以上の正解率
免除科目なし
試験場所各都道府県内の公共施設等
受験料9,000円
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ一般財団法人日本医療教育財団・公益社団法人全日本病院協会

スポンサーリンク

ドクターズ クラーク試験の受験者数・合格率

時期受験者数合格率
2015年4,122人61.5%
2014年4,882人56.1%

ドクターズ クラーク試験の難易度

資料の持ち込みが可能なので、医師事務の基礎知識を持っている方であればそれほど難しい試験ではありません。

ドクターズ クラーク試験の通学講座

ヒューマンアカデミーの「ドクターズ医療クラーク養成コース」は、未経験からでも42時間の受講で医師事務作業補助者のプロになることができるカリキュラムが組まれています。

勉強だけではなく、グループ会社のヒューマンリソシアの医療専任キャリアコンサルタントから就職サポートを受けることができ、仕事探しも併せて行うことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる