義肢装具士試験の難易度・合格率・日程など

資格名 義肢装具士
評価
資格種別 国家資格
資格法令 業務独占資格
資格区分 なし
受験資格 下記参照
試験場所 東京
試験日程 2月下旬
申込期間 1月中旬~下旬
受験料 59,800円
問い合わせ先 公益財団法人 テクノエイド協会
スポンサーリンク

概要

義肢装具士は、厚生労働省が認定する国家資格です。

医師の処方を下に義肢の装着箇所の採寸はもちろんのこと作成も行います。パラリンピック等における選手の活躍もあり、時に本来人間が持つ能力を超えた力を義肢から生み出せることが広く知られています。

義肢装具士になりたい場合、高卒以上の学歴を持つ人が大学か、義肢装具士養成所で3年以上、義肢について学び受験資格を得る必要があります。

他にも受験資格を得る方法はありますが、今のところ、日本にはその条件を満たす大学や養成所はありません。

また、試験は、公益財団法人テクノエイド協会が厚生労働大臣の指定を受けて実施しています。この協会は試験の実施だけでなく、福祉用具の調査研究だけでなく、開発援助も行っています。

義肢装具士の仕事は、義肢を作り、ただ単に体に装着することではありません。それを使う人の気持ちに寄り添い、不安の軽くするよう努めなければいけません。

だから、ただ単に技術や知識があれば良いというわけではなく、人間力も必要とされています。

受験資格

①大学に入学できる資格があり文部科学大臣が指定した学校又は厚生労働大臣が指定した義肢装具士養成所で3年以上学習

②学校教育法に基づく大学、高等専門学校など又は養成所において1年(高等専門学校にあっては4年)以上修業し、かつ、厚生労働の大臣指定する科目を修めた者で、文部科学大臣が指定した学校又は厚生労働大臣が指定した義肢装具士養成所において、2年以上、義肢装具士として必要な知識及び技能を修得

出題範囲

  • 臨床医学大要
  • 義肢装具工学
  • 義肢装具材料学
  • 義肢装具生体力学
  • 義肢装具採型・採寸学
  • 義肢装具適合学

合格基準

およそ60%の得点率

受験者数・合格率

実施時期 受験者数 合格率
2016年 254人 87.0%
2015年 233人 84.1%

試験の難易度

試験より受験資格を得る方が難しいです。

試験の勉強

準備中

資格を活かせる仕事

義肢装具士は、けがや病気等で手足を失ったり、体幹の機能に問題がある人に対して、患者さんの身体に合う義肢やその他の装具を作成するのが仕事です。

義肢は、主に義手と義足があります。装具は身体の機能の失ってしまった部分を補う為に使用するものです。

義肢を作る際に最も大切なことは、患者さんの身体とニーズに合う義肢を作る事です。昔は義肢を付けると接合部に痛みがありましたが、現在は技術が飛躍的に発展し、患者さんが痛みを感じる事は殆どありません。

義肢装具士は採寸を行って患者さんが違和感を感じない義肢を作り上げ、更に義肢を使ってのリハビリまでを行います。このリハビリは、医師や理学療法士らと協力し、患者さんとコミュニケーションを取りながら行います。

口コミ・体験談

まだありません。

スポンサーリンク

関連記事