作業療法士試験の難易度・合格率・試験日など

医療・心理の資格

作業療法士は、事故や病気、障害などで身体の機能を失われてしまった人に対して、社会復帰できるように、食事をしたり入浴など、自立した生活を送れるように支援する役割を担っています。

その他にも、アルコール依存症や統合失調症、認知症などの心に障害がある人の支援も行うことから、社会福祉業界でも活躍することが可能です。

作業療法士は業務独占資格になりますので、作業療法士の試験に合格して厚生労働大臣より免許を交付してもらわなければ業務を行うことができません。作業療法士の資格を取得するには、文部科学大臣指定の大学か厚生労働大臣指定の作業療法士養成学校で3年以上、知識や技能を修めなければいけません。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 作業療法士
評価
資格種別 国家資格(業務独占資格)
資格区分 なし
受験資格 ・大学に入学することができる者で、文部科学大臣が指定した学校又は厚生労働大臣が指定した作業療法士養成施設において、3年以上理学療法士として必要な知識及び技能を修得したもの
・外国の作業療法士に関する学校・養成施設を卒業し、又は外国で作業療法士の免許に相当する免許を得た者
・文部大臣又は厚生大臣が指定した学校又は施設において、作業療法士となるのに必要な知識及び技能を修業中の者であって、法施行後に当該学校又は施設を卒業したもの
試験場所 【筆記試験】北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、香川県、福岡県、沖縄県
【口述試験・実技試験】東京都
試験方法 【筆記試験】択一式
【口述試験・実技試験】点字試験受験者のみ
免除科目
合格基準 合格発表後に掲示
受験料 10,100円
登録・更新 登録免許税:9,000円
問い合わせ 厚生労働省医政局事課試験免許室
関連資格

国家資格一覧 ・医療・心理の資格一覧

試験日程

2月下旬(年1回)

第54回試験

【試験日】2019年2月24日(日)~25日(月)
【申込期間】2018年12月14日~1月4日
【合格発表】2019年3月25日

試験内容

一般問題

解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要及び理学療法

実技問題

運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要及び理学療法

受験者数・合格率

年度 受験者数 合格率
2017年 6,164人 76.2%
2016年 5983人 83.7%
2015年 6102人 87.6%
2014年 5324人 77.5%
2013年 5285人 77.3%
2012年 5821人 79.7%
2011年 5834人 71.1%
2010年 6469人 82.2%

試験の難易度

試験自体はそれほど難しくありませんが、試験の難易度より作業療法士学校(養成所)の入試の難易度の方が高いです。

試験の勉強

暗記問題がメインになるので、とにかく過去問を徹底的にこなして問題の傾向を掴むところから始めましょう。専門的な学習は学校ですると思うのでそれほど深く考える必要はありません。

勉強法 作業療法士 勉強法
テキスト 作業療法士 テキスト
問題集 作業療法士 過去問

資格を活かせる仕事

作業療法士の約6割が、一般病院や精神病院などの医療機関で活躍しています。その他にも、障害者福祉施設や児童養護施設などの社会福祉施設でも活躍することが可能です。

この業界は、ここ数年(2014年現在)の就職市場は活発で、売り手市場の傾向が強いので、他の職種に比べると就職や転職で困ることは今現状ではあまり無いと考えていいでしょう。(高望みしなければの話ですが・・・)

よく比較される理学療法士と違って、精神障害者に対しても治療行為ができますので、重宝される傾向がより強いと思われます。

ちなみに、作業療法士の平均年収は400万円程度です。病院勤務と福祉施設では大きく収入が異なります。

受験者の口コミ

お勧め度 ★★★★☆4

宮 20代男性(会社員)
2014年9月9日

作業療法士です
作業療法士でできる仕事のほとんどが理学療法士で出来てしまうという現状から、作業療法士を雇っている医療機関はあまり多くありません。
ただ、その分、理学療法士の数の方が多いので、どちらが転職・就職に有利か言われると「?」です。精神障害者施設など、理学療法士では出来ない職場だと重宝される資格ですね。
給料面で言えば、数ある医療資格の中でも厳しく待遇は悪いです。私は12年この業務をしていますが、基本給で3万円程しかアップしていません。
初めは周りの友達より高い水準でしたが、いつの間にか追い抜かれていきました。でも、やりがいのある仕事だし、作業療法士をやっていて良かったと思っています。

お勧め度 ★★★☆☆3

結花 30代女性(会社員)
2015年8月11日

中学生の時から医療に携わる仕事をしたいと思っていました。
私は現在31歳で作業療法士の免許を取得しました。専門学校を卒業してこの試験に合格するまでは大変でしたが、就職しても大変です。
現在、老人施設に勤務していますが、体力面でかなり厳しいです。まだまだ売り手市場の職種だと思いますが、受験生が増えている中、今後厳しくなっていくと思います。
これから入学される方はそれなりの覚悟が必要です。収入は理学療法士が働けない様な職場(精神障害者施設など)に就職できればそれなりの収入を得られます 。
また、理学療法士ほど体力を使いませんので、女性の方が働きやすいです。うちの職場でも、女性の割合が6割と女性の方が多いです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事