診療放射線技師試験の難易度・合格率・日程など

資格名 診療放射線技師
評価
資格種別 国家資格
資格法令 業務独占資格
資格区分 なし
受験資格 ・文部科学大臣の指定した大学を卒業厚生労働大臣が指定した診療放射線技師養成所で3年以上の経験
・外国の診療放射線技師養成所を卒業し免許を取得
※詳しくは厚生労働省のホームページをご覧下さい
試験方法 筆記試験:択一式 (200問)
試験場所 北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県
試験日程 2月下旬
申込期間 12月~1月頃
合格発表 3月中旬
受験料 11,400円
問い合わせ先 医政局医事課試験免許室
スポンサーリンク

概要

診療放射線技師は、放射線を扱って人体に照射をすることにより心臓や肺などの診断や検査をする医療職になります。

放射線による診療(治療)行為は、元々医師が行っていましたが、放射線の技術向上に伴い、医師ではなく、専門の知識を持った診療放射線技師が行うようになりました。

検査や診断に加えて、ガン治療において放射線が有効なことから、放射線治療も診療放射線技師が行います。

放射線による治療は現代医学において、非常に注目されていますので、それに伴って診療放射線技師も今後注目されていく資格の一つになります。

診療放射線技師は、業務独占資格になりますので、診療放射線技師の試験に合格して免許を交付してもらわなければ診療放射線技師としての業務を行うことできません。

診療放射線技師になるには、放射線学科の大学を卒業するか、診療放射線技師育成所で3年以上の知識と技能を磨かなければいけません。

試験内容

  • 基礎医学大要
  • 放射線生物学
  • 放射線物理学
  • 放射化学
  • 医用工学
  • 診療画像機器学
  • エックス線撮影技術学
  • 診療画像検査学
  • 画像工学
  • 医用画像情報学
  • 放射線計測学
  • 核医学検査技術学
  • 放射線治療技術学
  • 放射線安全管理学

免除科目

あり

合格基準

200点満点中120点以上

受験者数・合格率

年度 受験者数 合格率
2016年 2,939人 85.4%
2015年 3,016人 78.8%
2014年 2839人 73.8%
2013年 2907人 76.5%
2012年 2426人 66.6%
2011年 2528人 83.4%
2010年 2670人 71.1%

試験の難易度

基本的な医学知識が問われますが、診療放射線技師養成所での実務経験が必要なことから、受験する時点である程度の知識は身に付けられるので、受験者からしてみれば、それほど難しい試験ではないと推測できます。

試験の勉強

他の資格より合格基準が緩いので(6割以上の正解率)、全てを完璧に暗記する必要はありません。

まずは、どの資格勉強でも言えますが、過去問を徹底的にこなし、試験の傾向を掴みましょう。

勉強法 診療放射線技師 勉強法(準備中)
テキスト 診療放射線技師 テキスト
問題集 診療放射線技師 過去問

資格を活かせる仕事

診療放射線技師の働ける場として一番多いのが、病院や診療所になります。診療放射線技師の割合として、小さな病院や診療所では1名~2名、大きな病院でも10名程が在籍しています。

その他にも、保健所などの行政機関や、教育に携わる仕事に従事することも可能です。

診療放射線技師の収入は、一般的な民間病院で働く20代後半の人で、月収25万円~30万円で、他の職種と大きな差は見られません。医療技術の発展により、診療放射線技師の仕事も高度に発展していますので、今後も注目されれば、おのずと収入は上がっていくでしょう。

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年09月07日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事