ITコーディネータ試験(ITC)の難易度・合格率・試験日など

この検定は、経営者の立場に立って、真に経営に役立つITの活用術をアドバイス出来る人材を創出する為に、通商産業省が国家プロジェクトの一環として資格取得を推進しているものです。

ITコーディネーターは、IT経営を実現するプロフェッショナルとして、企業でなくてはならない存在ですから、製造業、サービス業といった業種から、政府や各自治体、病院、学校、とITを使って経営されている業種なら、どこでもその実力を発揮することが出来ます。

従って、自分の興味のある分野の職場を選ぶことが出来ます。

試験は、まずITC試験に合格した後、ケース研修を受けることで、資格を取得することが出来ます。

就職に関しては、各地にITコーディネーター組織があり、常に情報やノウハウの交換をしているので、そういった組織に相談するのがお薦めです。

スポンサーリンク

ITコーディネータ試験とは

資格名ITコーディネータ(ITC)
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンルIT・パソコン
資格区分なし
受験資格なし
試験日程8月初旬~ 9月中旬、2月中旬~3月中旬(年2回)
試験場所全国約120ヶ所
試験内容筆記試験(多肢選択式[CBT試験])
免除科目
合格点非公開
受験料19,440円
登録・更新年間更新料21,600円が必要
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせNPO法人 ITコーディネーター協会
関連資格

ITコーディネータ試験の試験日

【試験日】2019年8月1日~9月9日
【予約期間】2019年7月10日~9月6日

ITコーディネータ試験の試験内容

問題数:100問(必須60問、選択40問)

「ITコーディネータプロセスガイドライン Ver.2.0」、「ITコーディネータ実践力ガイドライン Ver.2.1」 の内容から出題されます。

ITコーディネータ試験の受験者数・合格率

時期受験者数合格率
2018年8月163人70.6%
2018年2月239人72.1%
2017年8月181人54.1%

ITに関する知識の他にも、経営の知識や人を動かすコミュニケーション能力も必要な資格になりますので、管理職クラスの30代~40代の受験者も多数います。

ITコーディネータ試験の難易度

企業の戦略的なIT活用を進める専門的知識を問う試験であるため、IT関係の知識だけでなく経営的な知識も必要になります。

試験自体の難易度はしっかりと対策をし勉強ができればそれほど難しいものではありません。

合格率は約60%程度を推移していることから見ても、システム開発の経験がある場合にはそれほど難易度は高くないと言えます。

しかし、試験に合格するだけでは資格を得ることはできず、ケース研修も受講し修了してはじめてITコーディネータを名乗ることができます。

研修と試験のどちらを先に受けても問題はないのですが、先に取得した方の年度を含め、4年以内にもう一方を取得しなければなりません。

試験以外にこのケース研修も必要なため、時間も費用もかかる資格試験です。

ケース研修の受講が20万円程度かかるので、その費用をどう捻出する方が問題です。

20万円は学生には払えません~~

ITコーディネータ試験の勉強法

公式ページ内に受験対策が掲載されています。情報戦略モデル研究所が出版している「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」などのITCA認定教材を利用して勉強していけば良いと思いますが、受験者が少なく確立された勉強法がなかなか無いので、難しく感じるかもしれません。

サンプル問題も掲載されているので、試験の概要を知る為にもまずは一度チャレンジしてみて下さい。

ITコーディネータの詳しい勉強法

資格を活かせる仕事

コンサルティング会社など、経営に関する専門的助言を与える会社で活躍することが出来ます。

尚、ITコーディネータ資格の認定を受けるには、試験合格の他に「ケース研修」に受講が必要になるし、更新の際は更に費用が必要になるので受験する際は注意して下さい。

レバレジーズテック」はITエンジニア、WEBクリエイター専門の転職エージェントになります。登録企業者数は4,000社以上なので、未経験から経験を積みたい!とにかく高収入がいい!などあなたに合った求人を紹介してもらうことができます。

ITコーディネータのスキルもきっと活かせますよ。

レバレジーズテックの公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

IT・パソコンの資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました