日商PC検定試験の難易度・合格率・試験日など

日商PC検定試験とは、「日本商工会議所」が実施している検定試験で、パソコンを使ったビジネススキルを問う試験になります。

試験は、ワープロソフトを使って試験を行う「文章作成」、表計算ソフトを使って試験を行う「データ活用」、プレゼンテーションソフトを使って試験を行う「プレゼン資料作成」の3つの試験区分があり、その中でも1級~ベーシックまで4つのレベルに分類されており、受験者はどの級からでもチャレンジすることができます。

試験内容としては、筆記試験と実技試験が存在し、筆記試験に関しては全ての区分で共通する内容もありますので、一つの区分を取得できれば他の区分も比較的簡単に取得することが可能です。

パソコン操作はどの企業でも必須の技能となっていますので、就職活動で有利に進めるために多くの学生が受験しています。もちろん、今後のキャリアアップを図る就業者も多数受験していますので、積極的にチャレンジしてみましょう。

スポンサーリンク

日商PC検定とは

資格名日商PC検定
人気
将来性
就・転職
【文章3級】
難易度
【文章3級】
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別公的資格
ジャンルIT・パソコン
資格区分文章作成(1級、2級、3級、ベーシック)、データ活用(1級、2級、3級、ベーシック)、プレゼン資料作成(1級、2級、3級)
受験資格なし
試験日程【1級】2月中旬・10上旬(年2回)
【2級・3級】毎月第3金曜日など
試験場所商工会議所の認定している大学パソコンスクール等の教育機関、企業など
試験内容筆記試験、実技試験
免除科目「電子メール活用能力検定」「EC実践能力検定」「情報検定(情報活用試験)」合格者は、日商PC検定(2級・3級)の「筆記試験(知識科目)」の受験を免除
合格点各科目70点以上
受験料【1級】10,290円【2級】7,200円
【3級】5,140円【ベーシック】4,120円
登録・更新
口コミ4件口コミ投稿
問い合わせ日本商工会議所及び各地商工会議所
関連資格

日商PC検定の試験内容

1級(文章作成)

【実技試験】

  • 企業実務で必要とされる文書作成ソフト、表計算ソフト、プレゼンテーションソフトの機能、操作法を修得している
  • 当該業務の遂行にあたり、ライティング技術を駆使し、最も適切な文書、資料等を作成することができる

など・・・

【筆記試験】

  • 基本的なビジネス文書の種類と雛形について理解している
  • 文書管理について理解している

など・・・

1級(データ活用)

【実技試験】

  • 企業実務で必要とされる表計算ソフトの機能、操作法を一通り身につけている
  • 業務データの迅速かつ正確な入力ができ、紙媒体で収集した情報のデジタルデータベース化が図れる

など・・・

【筆記試験】

  • 基本的なビジネス文書の種類と雛形について理解している
  • 文書管理について理解している

1級(プレゼン資料作成)

【実技試験】

  • プレゼンの工程を理解し、指示に従い正確かつ迅速にプレゼン資料を作成できる
  • データべース管理について理解している

など・・・

【筆記試験】

  • 基本的なビジネス文書の種類と雛形について理解している
  • プレゼン資料の基本的な雛形や既存のプレゼン資料を活用して、目的に応じて新たなプレゼン資料を作成できる

2級(文章作成)

【実技試験】

  • 企業実務で必要とされる文書作成ソフト、表計算ソフトの機能、操作法を身につけている
  • 業務の目的に応じ簡潔で分かりやすいビジネス文書を作成できる

など・・・

【筆記試験】

  • ビジネス文書の種類と雛形についてよく理解している
  • 文書管理について理解し、業務にあわせて体系化できる知識を身につけている

など・・・

2級(データ活用)

【実技試験】

  • 企業実務で必要とされる表計算ソフト、文書作成ソフトの機能、操作法を身につけている
  • 表計算ソフトを用いて、当該業務に関する最適なデータベースを作成することができる

など・・・

【筆記試験】

  • 電子認証の仕組みについて理解している
  • 企業実務で必要とされるビジネスデータの取り扱いについて理解している

2級(プレゼン資料作成)

【実技試験】

  • プレゼンの工程を理解し、ストーリー展開を踏まえたプレゼン資料を作成できる
  • 与えられた情報を整理・分析し、目的に応じた適切なプレゼン資料を作成できる

など・・・

【筆記試験】

  • プレゼンの工程に関する実践的な知識を身につけている
  • プレゼン資料の表現技術に関する実践的な知識を身につけている

3級(文章作成)

【実技試験】

  • 企業実務で必要とされる文書作成ソフトの機能、操作法を一通り身につけている
  • 指示に従い、正確かつ迅速にビジネス文書を作成できる

など・・・

【筆記試験】

  • 基本的なビジネス文書の種類と雛形について理解している
  • 文書管理について理解している

など・・・

3級(データ活用)

【実技試験】

  • 企業実務で必要とされる表計算ソフトの機能、操作法を一通り身につけている
  • 業務データの迅速かつ正確な入力ができ、紙媒体で収集した情報のデジタルデータベース化が図れる

など・・・

【筆記試験】

  • 取引の仕組みと業務データの流れについて理解している
  • データべース管理について理解している

3級(プレゼン資料作成)

【実技試験】

  • プレゼンの工程を理解し、指示に従い正確かつ迅速にプレゼン資料を作成できる
  • プレゼン資料の基本的な雛形や既存のプレゼン資料を活用して、目的に応じて新たなプレゼン資料を作成できる。

など・・・

【筆記試験】

  • プレゼン工程に関する基本知識を身につけている
  • プレゼン資料の表現技術について基本的な知識を身につけている

ベーシック(文章作成)

【実技試験】

  • 企業実務で必要とされる文書作成ソフトの機能、操作法の基本を身につけている
  • 指示に従い、正確にビジネス文書の文字入力、編集ができる

など・・・

【筆記試験】

  • 文字列の編集
  • 文書の書式・体裁を整える

など・・・

ベーシック(データ活用)

【実技試験】

  • 企業実務で必要とされる表計算ソフトの機能、操作法の基本を身につけている
  • 指示に従い、正確に業務データの入力ができる

など・・・

【筆記試験】

  • ワークシートへの入力データの入力計算式の入力
  • 関数の入力

日商PC検定の受験者数・合格率

2017年

区分受験者数合格率
1級51人33.3%
2級6,464人68.0%
3級20,091人81.2%
ベーシック7,189人82.2%

2016年

区分受験者数合格率
1級78人33.3%
2級6,296人64.0%
3級20,110人80.1%
ベーシック5,156人84.6%

残念ながら2017年以降の合格率は発表されていません。(また掲載されましたら更新します)

まずは3級を受験させる学校が多いことから3級の受験者数が多くなっています。

1級の受験者が極端に少ないですが、その理由として受験日が年2回と少なくなることも原因にありますが、1級を取得したところで就職や転職でなかなか生かすことが出来ないという側面があるかと思います。

合格率はベーシックと3級でさほど変わりません。試験のレベルもさほど変わりませんので、ベーシックを目指すならもう少し勉強して3級から目指した方がいいです。

日商PC検定の難易度

合格率を見る限り、3級とベーシックは80%を超えているので、文書作成や表計算などのアプリケーションソフトを学校や職場で使用した経験がある方であればさほど対策を立てなくても合格することは容易です。

2級でも1ヶ月程度(2級・3級なら1~2週間程度)の勉強期間で合格が狙えるレベルの試験になるので、難易度は低い試験に分類されます。

1級になれば合格率は30%程と急激に下がることから2級に比べると難易度は高くなります。ただそれでも他の資格に比べると簡単です。

日商PC検定の勉強法

パソコンスクールでも当資格の対策講座がよく実施されていますが、自宅などのにソフト環境があれば独学でも十分合格出来る資格なので心配ありません。

公式テキストが出版されていますが、問題集だけで問題ありません。万全の体制を取りたい方は公式テキストを購入して下さい。

資格を活かせる仕事

この検定は、日本商工会議所が実施しているものです。

その為、知名度もMOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)の次に有名です。

この資格を取得するとビジネスシーンに於いて、Word、 Excel、 PowerPoint  を使って、文書作成やデータの活用を行うという、企業に就職して即戦力になる事が出来ます。

更に、社内文書や社外文書の書き方、数字の計算や管理も、日商PC検定に合格していれば出来るようになります。

この資格を持つ人は、日本商工会議所と関連のある企業や会員企業に就職したり、自営業、パソコンやインターネットを使って自宅をオフィスとして仕事をする人(SOHO)に特に多いようです。

まずビジネスの基本を身に着ける為に取得し、その後実際仕事をしながらスキルを上げて行く事が出来ます。

ただし、基礎的なPCスキルを問う試験になるので、例え1級を取得したとしてもこの資格だけで転職活動で有効になるとは考えにくいです。

受験者の評判

就活を控える大学3年生。履歴書にたくさんの資格を書けるように資格試験をバンバン受けまくっています。今の時代ならPC関係の資格は必須だなと思って、MOS試験を受けようと思っていたんですけど、日商PC検定の方が実践的な検定試験だから、面接側からの受けがいいみたいなのよ。なので、こっちを受けた。
確かにMOSはWordやExcelをどんだけ上手く使えるかっていうのを見る試験なんで、自分で全てを作成するスキルとしては認められないよね。日商PCはWordで議事録とか報告書なんかを作成したり、Excelで関数やピポットテーブルを使って分析・結果を出す試験だから、やっぱ実践的だよね。と言うことで、日商PCを受験するなら、WordとExcelは必須という訳。とは言え、実際のところ日商PC検定よりもMOSの方が、はるかに認知度が高いのが現実!面接官が日商PC検定資格を知らなかったら意味ないじゃん!!(30代男性 大学生)

日商PC検定文章作成2級を何度受験しても合格できません。自分では何とか行けそうと思っても、文字入力がいつもアウトです。模擬テストでは、80点以上なんですよね。(60代以上女性 パート)
私はこれと言った資格を持っていないので、転職活動の際に少しでも有利になるかと思い、去年、日商PC検定の3級(データ活用)を受験して合格しました。
商工会議所のHPにサンプル問題が掲載されているので、見て頂ければ分かりますが、少しでもExcelを触ったことがある方であれば特に試験対策を立てなくても簡単に合格できます。Excelを使った仕事をしている方であれば、3級では物足りないので2級から挑戦した方が良いと思います。(30代女性 会社員)
私は2014年11月23日に日照PC検定試験・文書作成3級に合格しました。取得のきっかけは私はワードが好きでワードを使った仕事に就きたいと思っており、この資格はそのような仕事内容の求人への応募に有利だと思ったからです。
試験問題は選択回答の筆記と指示通り文書を完成させる実技があり、どちらも試験直前までしっかり頭に入れておけば(実技は操作方法をイメージ)合格はそう難しくないと思いました。(20代女性 フリーター)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

IT・パソコンの資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました