MENU

オラクルマスター試験の難易度・合格率・試験日など

2020 7/03
オラクルマスター試験の難易度・合格率・試験日など
オラクルマスター試験とは

オラクル社という会社が実施している試験で、オラクル社で販売している「Oracle Database」シリーズを適切に扱うことができる技術があることを証明できる試験です。
試験は4区分に分かれており上位資格であるPlatinumとGoldに関しては、試験合格の他に、オラクル社の認定研修を受講する必要があります。
世界で通用する資格とされていて、データベースの管理や運用、保守などIT技術が重要視されている現在さらに需要が高まっている資格です。

お勧めのプログラミングスクール13校を比較!ランキング形式で発表!

スポンサーリンク

目次

オラクルマスター試験の基本情報

資格種別民間資格
ジャンルIT・パソコン
資格区分Platinum、Gold、Silver、Bronz
受験資格なし(但し、飛び級はできない)
試験日程公式サイトで確認
試験方法コンピューター試験(Platinumの実技試験は除く)
免除科目移行パスの際に免除あり
試験場所全国各地のピアソンVUEテストセンター
受験料14,688円(オンライン受講)
登録・更新バージョンアップに伴う更新あり
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ日本オラクル株式会社

【総合評価】(Bronz

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

オラクルマスター試験の試験内容

  • Platinum:オラクル11gの最高峰の難易度
  • Gold:パフォーマンス診断や障害状況のリカバリ技術の認定
  • Silver:大規模データベースの管理者としての必要な知識の認定
  • Bronz:管理系業務に関する基礎知識の認定

オラクルマスター試験の受験者数・合格率

受験者数、合格率の全てが非公開

オラクルマスター試験の難易度

Platinumは実務試験が含まれるので難易度はかなりアップします。

オラクルマスター試験の勉強法

公式テキストをメインに、模擬問題を集中的にこなすことをオススメします。

Bronzに関しては、SQLの基礎が詳しく掲載されていますので、試験対策だけでは無く、実務でも十分活用できる内容になっています。

オラクルマスター試験のお勧めテキスト

模擬問題を262問掲載

資格を活かせる仕事

企業でのデータベースやサーバー構築、アプリケーションの管理や保守運用など、情報処理をメインとした職場で活躍することができます。

資格侍のアイコン画像資格侍

エンジニアを目指している人、エンジニアとして仕事をしはじめた人は取得しておくことで仕事の幅が広がりますし転職でも有利となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる