ウェブデザイン技能検定試験の難易度・合格率・日程など

IT(パソコン)の資格
ウェブデザイン技能検定は、厚生労働大臣の指定試験機関である特定非営利活動法人、インターネットスキル指定普及協会が実施している検定です。

この検定は、パソコンなどを使ってインターネット上に情報を掲載するためのウェブデザインの知識や技術を見るもので、ウェブ関連ではただ一つの国家資格です。

合格するとウェブデザイン技能士の合格証書がもらえます。

受験級は1級から3級まであり、2級と3級は学科と実技が1回で受検できますが、1級は学科試験を合格した人のみが実技試験に進むことができます。

受検資格は3級はウェブ関連の仕事に就いている人や就こうとしている人というように幅がありますが、2級以上は下部級を合格しているか、協会が指定するいくつかの条件のうちの1つを満たしている必要があります。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 ウェブデザイン技能検定
評価【3級】
資格種別 民間資格
資格区分 1級、2級、3級
受験資格 【1級】7年以上の実務経験、2級取得後2年以上の実務経験など(実技試験は学科試験合格者)
【2級】2年以上の実務経験、3級取得者など
【3級】ウェブ作成などの仕事に従事している(従事しようとしている)
試験場所 全国主要都市
試験方法 【学科】多肢選択法、真偽法
【実技】課題選択
免除科目
合格基準 100点満点中70点以上
受験料 【1級】 学科( 7,000円) 実技( 25,000円)
【2級】 学科(6,000円 )実技( 12,500円)
【3級】 学科(5,000円 )実技( 5,000円)
問い合わせ インターネットスキル指定普及協会

試験日程

【1級】年1回
<学科試験>11月
<実技試験>翌年2月

【2級・3級】年4回
2月、5月、9月、11月

2018年度 第3回

【試験日】2018年11月25日(日)
【申込期間】2018年10月1日~15日
【合格発表】2018年12月25日

2018年度 第4回

【試験日】2019年2月17日(日)
【申込期間】2018年12月25日~1月15日
【合格発表】2019年3月22日

試験内容

調査中

合格率

  • 1級:10~20%
  • 2級:40~50%
  • 3級:60~70%

試験の難易度

3級に関して言えば、趣味でも良いのでWEB作成(HTMLやCSSなど)の経験があればさほど難しく感じないでしょう。インターネットスキル指定普及協会のHP内にも「高校でも受験できると」明記しているのそれほど構える必要はありません。

2級になるとJavaScriptの知識が必要になるので難易度はグッと上がります。

試験の勉強

ウェブデザイン技能検定過去問題集」をメインに問題を解きながら勉強を進めていきましょう。

ホームページ上に過去3年分の問題と、練習問題があります。それだけでなく、試験対策の問題集の紹介もあるので、受検にあたっては参考にされると良いでしょう。

勉強法 準備中
テキスト ウェブデザイン技能検定 テキスト

資格を活かせる仕事

ウェブサイトの、デザインやレスポンシブデザイン、モバイルファーストなどのサイト設計やコーディングなど活躍の場は広いです。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事