高齢者住まいアドバイザー試験の難易度・合格率・試験日など

一般財団法人職業技能振興会が実施している高齢者住まいアドバイザー検定は、介護現場で仕事をしている人のキャリアアップにも最適な検定となっています。

受験されている人は、ケアマネジャーやソーシャルワーカー、終活アドバイザー、不動産業、税理士、銀行員、保険外交員、行政書士など専門的な資格を持っている人を中心に団塊世代や学生なども受験されている資格です。

高齢化社会の日本において老後暮らしていくための住まいについてしっかり考えておく必要があります。

試験内容は、高齢化における住まいの整備について、老後の暮らしの資金について、介護保険について、在宅での介護について、高齢者の住宅設備や施設について、高齢者住宅の探し方についてというような出題がされます。

問題は35問のマークシート方式です。合格後認定登録料を支払い、資格取得となります。

3年ごとの更新が必要な資格です。試験日には直前講習もあり、受けることでより試験の合格率を高めることができます。公式テキストによる独学でも十分に受かる試験です。

スポンサーリンク

高齢者住まいアドバイザー試験とは

資格名高齢者住まいアドバイザー
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル介護・福祉
資格区分なし
受験資格なし
試験日程5月中旬(年1回)
試験場所札幌、東京、名古屋、大阪、福岡
試験内容筆記試験(マークシート[35問])
免除科目
合格点問題の総得点の7割を基準(問題の難易度で補正あり)
受験料7,000円(学生5,000円)
登録・更新認定登録料:2,000円。3年毎の更新が必要。更新料:6,000円
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ一般財団法人 職業技能振興会
関連資格

高齢者住まいアドバイザー試験の試験日

第5回試験

【試験日】2019年5月11日(土)
【申込期間】2019年4月22日まで
【合格発表】試験の約1か月後

高齢者住まいアドバイザー試験の試験内容

試験は公式テキストの内容から出題

  • 高齢化の加速と住まいの整備
  • 老後の暮らしの資金
  • 介護保険の知識
  • 在宅の暮らし
  • 高齢者住宅・施設
  • 高齢者住宅・施設の探し方・選び方

高齢者住まいアドバイザー試験の受験者数・合格率

受験者数・合格率共に非公開

高齢者住まいアドバイザー試験の難易度

専門的な知識もそこまで無いので難しい試験ではありませんが、出題範囲が広いので住宅介護に関わる仕事をしていない方は長期的な勉強プランが必要になるでしょう。

問題が気になる方は、高齢者住まいアドバイザー協会のHPで例題が掲載されているので実際に解いてみてどれぐらいの難易度か確認してください。

高齢者住まいアドバイザー試験の勉強法

公式テキストである「高齢者住まいアドバイザー検定公式テキスト」の内容から出題されるので勉強はやりやすいででしょう。

独学でも十分合格可能ですが、不安な方は「直前対策講座」も実施しているのでチェックしてみてください。

資格を活かせる仕事

高齢者住まいアドバイザーの資格が活かせる仕事は多岐にわたります。

例えばケアマネージャーの仕事をされている場合、高齢者の住まいについて知識があればご自宅での暮らし方についてのアドバイスができたり相談に乗ることができます。

ソーシャルワーカーの仕事をされている場合、よりしっかり知識が身につき、相談者さんに的確なアドバイスができます。

不動産業の場合、高齢者の住まい探しにしっかり相談にのれます。どのような住まいが高齢者にとって最適なのか知っているのと知らないのとでは家を探す側としても大きな違いがありますね。

知識がある人のほうが安心して相談することができるでしょう。保険外交員であれば、老後の資金についての相談にのることができるだけでなく、住まいについてのアドバイスもできるようになります。

行政書士も老後のお金の面の相談にのるだけでなく住まいのアドバイスもできます。このように幅広い業界で役立つ資格となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

介護・福祉の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました