認知症ライフパートナー試験の難易度・合格率・メリットなど

認知症ライフパートナーは、2009年から新設された認知症の方の為の支援を目的とした資格になります。

認知症の人に対して生活支援をする為の知識に加えて、コミュニケーションを円滑に築ける様に、アクティビティなどのコミュニケーションツールを用いて、生活の質を高めると共に、人生の楽しさを伝えていくことも、認知症ライフパートナーとしての大きな役割になります。

また、仕事以外でもご家族に対して介護知識を習得する為に取得される受験者も多数います。

試験内容は、基礎知識の理解度が問われる「3級(旧基礎)」、基礎知識を用いてより専門的な知識が問われる「2級(旧応用)」、認知症ケアにおいて指導的役割をもつ専門職「1級(新設)」3つの区分に分かれています。

スポンサーリンク

認知症ライフパートナー試験とは

資格名認知症ライフパートナー
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル介護・福祉
資格区分1級、2級(旧応用検定)、3級(旧基礎検定)
受験資格なし(飛び級はできない)
試験日程7月中旬、12月上旬(年2回)
試験場所札幌(夏期試験)、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡
試験内容【1級】筆記試験(マークシート、記述式)
【2級・3級】筆記試験(マークシート)
免除科目
合格点100点満点中70点以上
受験料【1級】12,000円【2級】8,800円
【3級】5,500円
登録・更新
口コミ6件口コミ投稿
問い合わせ日本認知症コミュニケーション協議会
関連資格認知症ケア専門士介護福祉士認知症ケア指導管理士精神保健福祉士

認知症ライフパートナー試験の試験日

2019年 夏季試験

【試験日】2019年7月14日(日)
【申込期間】2019年3月18日~6月10日

2019年 冬季試験

【試験日】2019年12月8日(日)
【申込期間】2019年8月5日~10月28日

認知症ライフパートナー試験の試験内容

公式テキストの内容に準じます。

認知症ライフパートナー試験の受験者数・合格率

2級(旧応用)

時期受験者数合格率
2017年夏706人68.3%
2016年冬854人51.5%
2016年夏545人68.3%

3級(旧基礎)

時期受験者数合格率
2017年夏493人78.5%
2016年冬609人54.5%
2016年夏356人82.6%

認知症ライフパートナー試験の難易度

認知症介護の実務経験がある方からしたら、実務で自然と覚える基本知識がメインになるのでそれほど難しく感じないと思います。

誰でも受験できる割に合格率も高いので、これから福祉職を目指す学生さんでも独学で取得可能です。

認知症ライフパートナー試験の勉強法

公式テキストがあるので勉強はやりやすいと思います。

認知症ライフパートナーの詳しい勉強法

資格を取得するメリット・活かせる仕事

この資格を取得すると、認知症に対する正確な知識が身に付きますので、認知症の方が日常生活をその人らしく生きていかれるように導いてあげることができるというメリットがあります。

超高齢化社会のわが国では、認知症を患う方が多くいます。厚生労働省からの発表によると、2012年には認知症の方が460万人いるそうです。

そして2025年には1,000万人以上に増え、65歳以上の5人に1人が認知症になると予想されています。

そのため、認知症の方に対する専門的な知識を有する人材は現在でも需要が高いのですが、今後より一層需要が高まることが予測されます。

認知症の方のケアをする介護関係の仕事の資格は、実務経験が必須な場合や、専門の学校に通うことが条件と言う場合が多いのですが、こちらの資格は2~3級は誰でも受験をすることができますので、実務経験がないけれど介護関係の資格を取りたいと思う方にはおすすめです。

また、この資格は仕事に活かせるだけではなく、自分の身内が認知症にかかってしまったときにも活かすことできます。

但し、認知症ライフパートナーの資格を取得することで、すぐに転職や就職で有利になることは無いと考えていいでしょう。

自分で求人を探す(転職サイト)
カイゴジョブ(介護福祉求人17,000件)
相談しながら求人を探す(転職エージェント)
スマイルSUPPORT介護(介護福祉求人90,000件)

受験者の口コミ

認知症ケア指導管理士初級も持っていますがあちらは認知症の概要の基本的な部分を勉強するのに対してこちらは2級ということもありもう少し専門的でレクの場面ではどうするか等少し内容を絞っている印象があります。この資格を取って待遇が良くなるという類いのものではありませんが不穏になった時の対処法等実践的なことも学べますし他の認知症関連の資格同様介護福祉士の資格取得の際にも知識が活用できました。
資格の雑誌やカタログを見ると認知症関連の資格の中では評価が高い方ですし更新等も必要ありませんので認知症関連の資格をどれか1つ取ってみたいという方には割とおススメかもしれません。(30代男性 会社員)
認知症ライフパートナー検定の紹介が「基礎検定」「応用検定」になっていますが、現在は「基礎→3級」「応用→2級」『新設→1級』となっています。私は、「基礎検定」に合格後『2級』を受験して合格しています。「認知症ライフパートナー検定」は、認知症の基礎的な知識を得るには、最適な検定試験だと思います。
しかし、この検定試験に合格したからと言って、即就職に結び付くと言う事ではなく、あくまでも「自己学習」の一環と考えられた方が良いです。でも、将来的に家族に「認知症患者」が出てくるかも知れませんので、知っていて損の無い検定試験だと思いますし、将来的に資格をステップアップして行く際にも「基礎学力」として有効な検定試験だと思います。(50代男性 会社員)
私は会社からの団体で受験しました。職場は認知症専門のデイサービスに従事しています。私自身、この資格の存在を今まで知りませんでしたが、資格を取得したことにより、認知症の方とコミュニケーションの取り方を基礎からもう一度学ぶことができました。単に生活支援をするだけではなく、こういった知識を取得することも大事だと再確認しました。(30代女性 会社員)
転職や就職ではほとんど役に立ちません。ただ、認知症の方と接するお仕事をされている方には大いに役立つ資格です。認知症に対するケア・アプローチの実践方法を習得できますので、今後のスキルアップとして取得されることをオススメします。(20代女性 フリーター)
私は、介護の仕事をしている訳ではありませんが、家族の介護をしていますので、何か役に立つかなと思って取得しました。もともと福祉住環境コーディネーターの資格を取得していましたので、それほど苦労せずに取得することができました。(40代女性 会社員)
介護職を3年していますが、正直、認知症の方に対してそれほど重きを置いていませんでしたが、この資格の勉強を進めていく上で、認知症の方とのコミュニケーションの取り方の重要性を知りました。今後は、BPSDのアプローチの仕方など、より専門的な知識を習得したいです。(40代男性 会社員)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

介護・福祉の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました