ビオトープ管理士試験の難易度・合格率・日程など

資格名 ビオトープ管理士
評価【2級】
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 計画管理士(1級・2級)、施工管理士(1級・2級)
受験資格 下記参照
試験方法 1級:筆記試験
2級:口述試験、筆記試験
試験場所 全国各地
試験日程 10月上旬
申込期間 6月~8月
合格発表 12月
受験料 1級:11,000円
2級:7,000円
問い合わせ先 公益社団法人 日本生態系協会
スポンサーリンク

概要

ビオトープ

ビオトープ(BIOTOP)とは、地球上の野生の生きものたちが生息、育成する空間を意味します。その中でビオトープ管理士は、(公財)日本生態系協会が実施している民間資格で、ビオトープ事業を推進することを目的として、1997年に誕生しました。

ビオトープ管理士の資格には、「計画管理士」と「施工管理士」2つの区分に分けられ、それぞれで試験内容が異なります。それぞれで1級と2級が存在し、1級では筆記試験と口述試験、2級では筆記試験のみが行われます。

また、2級に関しては受験資格はありませんが、1級は学歴などに応じて、一定の実務経験が必要になります。

受験資格

1級

  • 四年制大学を卒業後、7年以上の実務経験
  • 大学院を卒業後、5年以上の実務経験
  • 短大・専門学校・高専のいずれかを卒業後、9年以上の実務経験
  • 高校卒業後、11年以上の実務経験
  • 技術士(建築・農業・森林・水産・環境)、1級土木施工管理技士、1級造園施工管理技士のいずれかの資格を取得後、4年以上の実務経験
  • 2級ビオトープ計画管理士、2級ビオトープ施工管理士、2級土木施工管理技士、2級造園施工管理技士のいずれかの資格を取得後、7年以上の実務経験

※実務経験は、基本的に部門に関わる実務経験でなければならない。詳しくは日本生態系協会のホームページをご確認下さい

2級

なし

試験内容

1級

筆記試験(択一問題:50問)
共通科目
  • 生態学(10問)
  • ビオトープ論(10問)
  • 環境関連法(10問)
専門科目(20問)
  • 計画部門(20問)
  • 施工部門(20問)
記述問題(4問)
小論文(1問)
口述試験
  • 試験管との擬似応答(約15分)

2級

筆記試験(択一問題:50問)
共通科目
  • 生態学(10問)
  • ビオトープ論(10問)
  • 環境関連法(10問)
専門科目(20問)
  • 計画部門(20問)
  • 施工部門(20問)
小論文(1問)

免除科目

あり

合格基準

各科目60%以上の正解率

受験者数・合格率

合格率は1級で約30%、2級で約55%になります。

試験の難易度

難しい試験ですが、公式テキストがあるので試験対策は立てやすいと思います。

試験の勉強

勉強法 ビオトープ管理士 勉強法
テキスト ビオトープ管理士 公式テキスト

資格を活かせる仕事

調査中

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年09月08日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事