森林インストラクター試験の難易度・合格率・試験日など

森林インストラクター試験とは

森林を利用する人に対して、森林・林業についての適切な知識を伝えたり、森林の中に一般の人を案内したりと野外活動を行うのが仕事です。
また、森林のレクリエーション利用に関する研究や調査を行ったり、森林に対する専門家を育て、広く森林に関する知識を啓発していくことも仕事の1つです。
これに依って。林業と森林のレクリエーション利用の活性化や山村地域社会の発展に貢献することが出来ます。

試験には一次試験と二次試験があり、それぞれの試験をクリアすることにより資格を取得することができます。

スポンサーリンク

目次

森林インストラクター試験の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル環境・自然
資格区分なし
受験資格20歳以上
試験日程年1回実施
【一次試験】9月下旬
【二次試験】11月中旬
試験方法【一次試験】筆記(記述式を主体)
【二次試験】実技試験、面接
免除科目森林インストラクター養成講習、国や地方公共団体等が実施する森林インストラクターに関する講習の修了者は、申請により実技試験が免除
試験場所【一次試験】札幌、東京、名古屋、大阪、高知、福岡
【二次試験】東京
受験料18,000円
登録・更新登録料5,000円
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ一般社団法人 全国森林レクリエーション協会

スポンサーリンク

森林インストラクター試験の試験日

2020年度試験

試験日申込期間
一次試験
2019年9月27日(日)
二次試験
未定
6月1日~7月31日

森林インストラクター試験の試験内容

出題範囲

一次試験森林、林業、森林内の野外活動、安全及び教育
二次試験実技、口述試験

合格点

【一次試験】6割以上の正解率
【二次試験】非公開

森林インストラクター試験の受験者数・合格率

時期受験者数合格率
2016年372人21.2%
2015年409人28.1%
2014年451人22.6%
しかく姫のアイコン画像しかく姫

2016年度試験以降の合格率は発表されていません。

森林インストラクター試験の難易度

合格率は20~30%程しかなく、環境系インストラクターの資格の中では難しい部類に入ります。

森林インストラクター試験の勉強法

森林インストラクター 勉強法

資格を活かせる仕事

この資格を取得したとしても就職・転職に有利になることはほとんどありませんが、林業会社や自治体職員などで働いている人が取得している場合が多いです。

森林インストラクターとしての活動は、ボーイスカウトや国、自治体などから依頼を受けて、自然観察や林業体験などを行うことがメインです。また、講習会や講師などの需要もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる