オリエンテーリング・インストラクター試験の難易度・合格率・試験日など

オリエンテーリング・インストラクター試験とは

オリエンテーリングとは、世界中で行われているスポーツで、地図とコンパスだけを頼りにポイント(地点)をクリアしながら森の中で自然を楽しみ、ゴールまでのタイムを競います。
自らの脚のみで行うものから、マウンテンバイクやスキーなどを用いて行うオリエンテーリングも存在します。ゲームで勝つには、地図を読み取る能力や、冷静なナビゲーションが必要になります。
オリエンテーリング・インストラクターの資格は、日本オリエンテーリング協会が実施している資格で、一泊二日の養成講習会を受講することが取得することができます。
ちなみに、この資格を取得したからといって、実際に指導できる訳ではありません。この資格の上級資格である「オリエンテーリング・ディレクター」の資格を取得することで、指導することが可能になります。

スポンサーリンク

目次

オリエンテーリング・インストラクター試験の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル環境・自然
資格区分なし
受験資格満18歳以上でオリエンテーリングの経験
試験日程随時(未確定)
試験方法養成講習会
免除科目なし
試験場所全国各地
受験料宿泊費含めておよそ10,000円
登録・更新登録料5,000円
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ公益社団法人 日本オリエンテーリング協会 

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

オリエンテーリング・インストラクター試験の受講内容

一泊二日の養成講習会に参加

基礎知識
(4時間)
オリエンテーリングの特性、対象や目的に応じた指導内容と指導技術、大会の計画・運営
基礎実技
(10時間)
年齢や技術に応じた大会運営法、初心者対象等の大会・教室の計画・運営、実習
応用実技
(4時間)
実習
指導実習
(2時間)
基礎実技の指導

オリエンテーリング・インストラクター試験の受験者数・合格率

合格率は90%ほど

オリエンテーリング・インストラクター試験の難易度

基本的に講習を受ければ合格できるので、試験としては簡単です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる