浄化槽管理士試験の難易度・合格率・試験日など

浄化槽管理士試験とは

トイレやお風呂、洗濯などから排出される生活用水を浄化する施設において、保守点検、修理などを行う為に必要な資格になります。
浄化槽管理士の資格を取得するには、日本環境整備教育センターが運営している国家試験に合格するか、浄化槽管理士講習を受講して修了する必要があります。
ある程度知識があっててっとり早く取得したいなら「試験」じっくり確実に取得したいなら「講習」と使い分けて取得することが可能です。
浄化槽管理士は業務独占資格になりますので、浄化槽管理士の資格を取得しなければ、浄化槽管理士としての業務を行うことができません。
浄化槽管理士の資格を取得することで、浄化槽技術管理者講習の受験資格を得ることができます。

スポンサーリンク

目次

浄化槽管理士試験の基本情報

資格種別国家資格(必置資格、業務独占資格)
ジャンル環境・自然
資格区分なし
受験資格なし
試験日程10月中旬(年1回)
試験方法筆記試験
免除科目浄化槽設備士資格取得者は、浄化槽概論と浄化槽工事概論が免除
試験場所宮城県・東京都・愛知県・大阪府・福岡県
受験料20,200円
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ公益財団法人 日本環境整備教育センター

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

浄化槽管理士試験の試験日

2019年度試験

試験日申込期間合格発表
2019年10月27日(日)7月1日~8月8日試験の約2か月後

浄化槽管理士試験の試験内容

出題形式

筆記試験(択一式)

出題範囲

浄化槽概論、浄化槽行政、浄化槽の構造及び機能、浄化槽工事概論、浄化槽の点検、調整及び修理、水質管理、浄化槽の清掃概論

合格点

65%以上の正解率

浄化槽管理士試験の受験者数・合格率

時期受験者数合格率
2018年1,023人19.3%
2017年1,007人24.8%
2016年1,060人24.4%
2015年1,156人21.5%
2014年1,057人20.0%

浄化槽管理士試験の難易度

他の国家資格と比べても難易度はそれほど高くありませんが、受験者が少なく確立された勉強法が無いので、難しく感じるかもしれません。

浄化槽管理士試験の勉強法

浄化槽管理士の独学勉強法

浄化槽管理士試験のお勧めテキスト

過去6年分の過去問を掲載!毎年似たような内容が出題されるので理解しておきましょう

出題傾向の高い問題を集中して勉強できる!短期学習者向け

浄化槽管理士試験のテキストを探す

資格を活かせる仕事

浄化槽設備会社などの設備会社で活躍することが可能です。

受験者の口コミ評判

タップ(クリック)で口コミが見れます

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる