建築施工管理技士試験の難易度・合格率・試験日など

建築施工管理技士試験とは

施工管理技士国家資格のうちの1つで、建築施工のプロフェッショナルとしての知識を問う試験で、設業振興基金が実施しています。

スポンサーリンク

目次

建築施工管理技士の基本情報

資格種別国家資格
ジャンル建築・不動産
資格区分1級、2級
受験資格学歴により実務経験が必要
試験日程年1回実施
【1級】6月(学科試験)、10月(実地試験 )
【2級】11月
試験方法学科試験、実地試験
免除科目前年度の学科試験合格者は学科試験が免除
試験場所全国各地
受験料【1級】9,400円(学科試験)、9,400円(実地試験)
【2級】9,400円
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ一般財団法人 建設業振興基金

【総合評価】(2級)

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

建築施工管理技士の試験日

2020年度試験(1級)

試験日申込期間合格発表
学科
2020年6月14日(日)
実地
2020年10月18日(日)
1月31日~2月14日学科
7月17日
実地
1月29日

2020年度試験(2級)

試験日申込期間合格発表
2020年11月8日(日)6月23日~7月21日学科のみ
1月22日
学科・実地
1月29日

建築施工管理技士の試験内容

出題範囲

建築学等、施工管理法、法規、施工管理法

合格点

学科試験::60問中36問以上正解
実地試験:満点中60%以上の得点率

建築施工管理技士の受験者数・合格率

1級

2019年度受験者数合格率
学科25,392人42.7%
実地15,876人46.5%

2級

2019年度受験者数合格率
学科19,384人34.7%
実地22,663人27.1%

建築施工管理技士の難易度

国家試験の中では比較的簡単な試験です。

建築施工管理技士の勉強法

建築施工管理技士試験の独学勉強法

建築施工管理技士試験のテキストを探す

資格を活かせる仕事

建設業界で建築施工管理技士として活躍することができます。

企業認知度の高い資格になるので、就職や転職の際に有利になりやすいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる