林業架線作業主任者試験の難易度・合格率・試験日など

スポンサーリンク

林業架線作業主任者とは、安全衛生技術試験協会が実施している国家試験で、栽培した原木を加工場まで運び出す際に使用する、機械集材装置や運材用空中ケーブルなどの設備の組立てや修理、運転などの業務や指揮命令などを行えるスペシャリストになります。

試験自体の受験資格はありませんが、試験を合格した後に免許申請をする際に、3年以上の実務経験が必要になります。

受験者は毎年300名程しかいないので、かなりマイナーな資格と言っていいでしょう。

スポンサーリンク

基本情報

資格名林業架線作業主任者
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別国家資格(必置資格)
ジャンル環境・自然
資格区分なし
受験資格なし(但し、試験に合格した後に免許申請する際に、林業架線作業に関わる実務経験が3年必要)
試験日程各ブロックにより異なる
試験場所北海道、東北、関東、中部、近畿、中国四国、九州の各安全衛生技術センター
試験内容筆記試験:択一式(40問/3時間)
免除科目
合格点非公開
受験料6,800円
登録・更新
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ公益財団法人 安全衛生技術試験協会 
関連資格

試験内容

機械集材装置及び運材索道に関する知識、林業架線作業に関する知識、関係法令、林業架線作業に必要な力学に関する知識

受験者数・合格率

時期受験者数合格率
2018年242人61.2%
2017年174人59.2%
2016年233人54.9%
2015年223人61.9%
2014年252人56.0%

試験の難易度

難しい試験ではありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

環境・自然の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました