土地改良換地士試験の難易度・合格率・試験日など

土地改良換地士は、「土地改良法」で定められている国家資格で、農地の土地改良換地計画に対して専門的な知識を用いて意見や助言、指導を行うスペシャリストになります。

業務独占資格になりますので、農林水産省による試験に合格しなければ、土地改良換地士としての業務を行うとができません。

試験は筆記試験のみで行われ、「農地用の集団化に関する事業」に関わる知識と実務を問われます。誰でも受験することができますが、専知識を要し、合格率も2割ほどしかないので、難易度の高い資格と言っていいでしょう。

スポンサーリンク

土地改良換地士試験とは

資格名土地改良換地士
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別国家資格(業務独占資格)
ジャンル環境・自然
資格区分なし
受験資格なし
試験日程10月中旬(年1回)
試験場所札幌市、仙台市、さいたま市、金沢市、名古屋市、京都市、岡山市、熊本市、那覇市
試験内容筆記試験(択一式、記述式)
免除科目換地処分に係る実務を通算して10年以上していると一部科目を免除
合格点各科目60%以上の正解率
受験料6,500円
登録・更新
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ農林水産省 農村振興局 
関連資格

土地改良換地士試験の試験日

2018年度試験

【試験日】2018年10月21日(日)
【申込期間】2018年7月20日~9月7日
【合格発表】2018年11月20日

土地改良換地士試験の試験内容

知識

【農用地の集団化に関する事業に係る知識の試験科目】
土地改良法、民法、不動産登記法、土地改良登記令、戸籍法、農地法その他換地事務を行うに必要な関係法令に関するもの、測量及び土地改良法のうち換地関係規定に関するもの

実務

【農用地の集団化に関する事業に係る実務の試験科目】
換地計画書の作成に関するもの、従前地各筆調書の作成、戸籍簿等調査、代位登記申請書の作成及び測量(求積計算)に関するもの

土地改良換地士試験の受験者数・合格率

時期受験者数合格率
2018年263人19.4%
2017年256人16.0%
2016年228人18.9%
2015年226人14.6%
2014年211人7.6%
2013年211人16.6%

土地改良換地士試験の難易度

そこそこ難しいのでしっかりと対策を立てなければ合格は難しいです。

資格を活かせる仕事

建設や土木施工管理系のコンサルティング会社で活躍することが可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

環境・自然の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました