土地区画整理士技術検定試験の難易度・合格率・試験日など

土地区画整理士技術検定とは

非営利型全国研修センターが実施し、国土交通大臣が認定する国家資格です。
災害復興、駅前整備など、都市計画を実行する事業に関わり、その専門家として活躍することを期待されています。
受験資格が細かく設定されていて、例えば、大学の指定する学科を卒業した場合は実務経験1年で受験が可能です。たいてい、最終学歴、その修了科、実務経験から受験資格を考えます。
時間はかかってしまいますが、学歴がなくとも、実務経験が8年あれば、受験可能です。
試験は土地区画整理事業総論、土地評価、換地計画、法規に関する学科試験と、換地計画に関する実技試験があります。学科試験が不合格だった場合、次の試験は免除されます。
試験の申し込み用紙は、学科試験、実技試験、それぞれ必要で、センターから直接購入する必要があります。

スポンサーリンク

目次

土地区画整理士技術検定の基本情報

資格種別国家資格
ジャンル建築・不動産
資格区分なし
受験資格下記参照
試験日程9月上旬(年1回)
試験方法学科試験、実地試験
免除科目学科試験合格者が実地試験に不合格の場合、翌年に限り学科試験が免除
試験場所東京、名古屋、大阪、福岡
受験料18,000円(実地のみだと9,000円)
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ一般財団法人 全国建築研修センター

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

土地区画整理士技術検定の受験資格

  • 指定学科のある大学を卒業後、実務経験1年以上(指定学科以外は3年以上)
  • 指定学科のある短大や高専を卒業後、実務経験2年以上(指定学科以外は4年以上)
  • 指定学科のある高校を卒業後、実務経験3年以上(指定学科以外は5年以上)
  • 不動産鑑定士(補)を所有、実務経験2年以上(指定学科のある大学卒業者は1年以上)
  • 実務経験8年以上

土地区画整理士技術検定の試験日

2020年度試験

試験日申込期間合格発表
2020年9月13日(日)5月7日~5月21日12月11日

土地区画整理士技術検定の試験内容

学科土地区画整理事業総総論、土地評価、換地計画、法規
実地・換地設計、実務経験
・事業計画、移転補償、法規
この中から1問を選択

土地区画整理士技術検定の受験者数・合格率

時期受験者数合格率
2016年(学科)256人57.4%

土地区画整理士技術検定の難易度

国家資格の中においてはそこまで難しい試験ではありません。

資格を活かせる仕事

建設コンサルタント会社などで活躍が期待できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる