建築設備検査資格者試験の日程や講習内容・日程など

建築設備検査資格者試験とは

建築設備に取り付けられている換気設備、排煙設備、非常用の照明装置、給水設備及び排水設備の定期点検を行い、その結果を特定行政庁へ報告することを職業としています。
建築設備検査資格者には試験はなく、4日間の講習を受講して修了考査に合格することにより取得することができます。

スポンサーリンク

目次

建築設備検査資格者の基本情報

資格種別公的資格
ジャンル建築・不動産
資格区分なし
受験資格・大学において、正規の建築学、機械工学若しくは電気工学又はこれらに相当する課程を修めて卒業した後、建築設備に関して2年以上の実務の経験
・建築設備に関して11年以上の実務経験
・一級建築士、二級建築士又は建築基準適合判定資格者の資格を有する
など
講習日程【講習日】10月~11月(年1回実施)
【申込期間】5月~7月
【合格発表】12月下旬
試験方法講習のみ
免除科目なし
講習場所東京、大阪
受験料51,840円(講習費用)
登録・更新
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ一般財団法人 日本建築設備・昇降機センター

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

建築設備検査資格者の講習内容

  • 建築設備定期検査制度総論(1時間)
  • 建築設備に関する建築基準法令(3.5時間)
  • 建築学概論(2時間)

建築設備検査資格者の受験者数・合格率

2017年度の合格者数は632人

建築設備検査資格者の難易度

修了考査は難しくありません。真面目に受講していれば大丈夫です。

建築設備検査資格者の勉強法

建築設備検査資格者の独学勉強法

資格を活かせる仕事

建築設備会社などで活躍することができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる