どぼく検定試験の難易度・合格率・試験日など

どぼく検定とは

土木に関する基礎知識を問う試験で、全国土木施工管理技士会連合会が実施しており施工管理の専門知識の力を計ります。

スポンサーリンク

目次

どぼく検定の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル建築・不動産
資格区分なし
受験資格なし
試験日程4月中旬、8月中旬~下旬(年2回実施)
試験方法筆記試験
免除科目なし
試験場所東京・愛知など
受験料5,000円(会員は3,000円)
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ(一社)全国土木施工管理技士会連合会

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

どぼく検定の試験内容

出題形式

筆記試験(四肢択一式)

出題範囲

1 級土木施工管理技術検定試験の過去問題からメインに出題されます。

土木、コンクリート、基礎工、構造物、河川・砂防、道路・舗装、ダム・トンネル、海岸・港湾、鉄道・鋼橋塗装、上・下水道、法令(30問)

合格点

65点満点で、得点によりユニットが付与されます。

  • 25 点以上~38 点以下:3 ユニット
  • 39 点以上~51 点以下:6 ユニット
  • 52 点以上~65 点まで:2 ユニット

どぼく検定の受験者数・合格率

合格率は95%以上です。

どぼく検定の難易度

難易度は 1 級土木施工管理技術検定学科試験程度になります。

資格を活かせる仕事

建築・土木業界での活躍が見込めます。

土木業の年収

土木業界全体の平均年収は640万円程になり、他の業種に比べるとかなり高いです

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる