不動産コンサルティング技能試験の難易度・合格率・試験日など

建築・不動産

「公益財団法人 不動産流通推進センター」が実施している試験が不動産コンサルティング技能試験です。不動産コンサルティングを行うために必要な知識及び技能に関する試験を実施して、これらのアドバイスや育成ができる人材を求めています。

受験資格は、宅地建物取引士の資格を登録していて宅地建物取引業に従事している、または登録済みで今後、宅地建物取引業に従事する予定の人、不動産鑑定士で不動産鑑定士業に従事している人またはこれから従事する予定の人、一級建築士で現在建築設計業や工事管理業などに従事している人または今後従事する人となっています。

不動産コンサルティングの資格を取得すると、不動産の購入で悩まれている人へアドバイスができるようになります。

他のコンサルティング業務と異なり、不動産コンサルティングとして仕事をしていくためにはこの資格が欠かせません。

資格を取得して実務経験を5年以上積むと。公認不動産コンサルティングマスターとして登録ができるようになります。

不動産関係の仕事をしている人はスキルアップのために取得しておくとおおいに役立つでしょう。

スポンサーリンク

基本情報

資格名  不動産コンサルティング技能試験
評価
資格種別 民間資格
資格区分 なし
受験資格 ・宅地建物取引士資格登録者で、現に宅地建物取引業に従事している、または今後従事しようとする方
・不動産鑑定士で、現に不動産鑑定業に従事している、または今後従事しようとする方
・一級建築士で、現に建築設計業・工事監理業等に従事している、または今後従事しようとする方
のいずれか
試験場所 札幌・仙台・東京・横浜・静岡・金沢・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・沖縄
試験方法 筆記試験(択一式、記述式)
免除科目
合格基準 択一式及び記述式試験の合計200点満点中の一定以上の得点
受験料 30,800円
登録・更新 登録申請することにより不動産コンサルティング技能として業務を行うことができる
問い合わせ 公益財団法人 不動産流通近代化センター
関連資格

建築・不動産の資格一覧

試験日程

11月上旬(年1回)

2018年度試験

【試験日】2018年11月11日(日)
【申込期間】2018年8月1日~9月18日
【合格発表】2019年1月11日

試験内容

【択一式】
事業、経済、金融、税制、建築、法律の6科目

【記述式】
<必修科目>実務、事業、経済の3科目
<選択科目>金融、税制、建築、法律の中から1科目選択

受験者数・合格率

時期 受験者数 合格率
2017年 1,404人 43.3%
2016年 1,304人 49.7%
2015年 1,320人 49.5%
2014年 1,313人 46.2%
2013年 1,272人 68.7%

試験の難易度

試験範囲は広いですが浅い知識でも問題を解くことが可能なので、そこまで難しい試験ではありません。

試験の勉強

不動産コンサルティングの基礎的な勉強をしたいという方のための通信講座として「不動産コンサルティング入門研修 インターネット通信講座」も行っていますので、勉強法に不安がある人は通信講座を利用して取得を目指してみてはいかがでしょう。

勉強法 不動産コンサルティング技能 勉強法
テキスト
問題集 不動産コンサル 過去問

資格を活かせる仕事

不動産コンサルティングとして不動産業界などで活躍することができます。

他の業種と比べてもかなりの高収入と言えるでしょう。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事