インテリアプランナー試験の難易度・合格率・日程など

建築・電気の資格

公益財団法人建築技術教育普及センターが実施しているインテリアプランナー試験は、魅力的なインテリア空間をコーディネイトできる設計能力を持つことを証明できる資格です。

建築士とともに安全で使いやすくそして見た目も美しいインテリア空間を生み出せるように業務を行っていきます。

インテリア設計に関する知識や技能を持っていること、建築物の構造や設備の関係を理解していること、安全性・快適性・環境面に配慮しているインテリア空間の計画ができることなど幅広い知識と技能が問われる資格です。

建築業界に勤務している人、インテリアや家具などのメーカーや販売店に勤務されている人、またこれからそれらの業務に従事したい人は取得しておくと業務で役立ちます。

インテリアプランナーとして活躍するためには、学科試験に合格したあと設計製図試験に合格しなければいけません。

試験に合格して所定の登録手続きをすることで称号が付与されますのでお仕事の際にお役立て下さい。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 インテリアプランナー
評価
資格種別 民間資格
資格区分 なし
受験資格 20歳以上
試験場所 札幌、仙台、東京、名古屋、京都、大阪、広島、福岡
試験方法 学科試験(四枝択一式)、設計製図試験
免除科目
合格基準 不明
受験料 【学科試験】9,720円
【設計製図試験】16,200円
問い合わせ 公益財団法人 建築技術教育普及センター

試験日程

試験は年1回実施されます。

【学科】6月中旬
【設計製図】11月中旬

2018年度試験

【試験日】
<学科>2018年6月17日(日)
<設計製図>2018年11月18日(日)

【申込期間】
<学科>2018年3月16日~4月20日
<設計製図>2018年9月3日~9月28日

【合格発表】
<学科>2018年8月23日
<設計製図>2019年2月21日

試験内容

学科試験

インテリア計画、インテリア装備、インテリア施工、インテリア法規、建築一般

設計製図試験

要求図書の種類、設計課題の発表

受験者数・合格率

学科の合格率は60%程

試験の難易度

それほど難しい試験ではありませんが、受験料が高いので取得を目指す際は一回で合格できるように気合を入れなければいけません。

試験の勉強

勉強法 インテリアプランナー 勉強法
テキスト インテリアプランナー テキスト

資格を活かせる仕事

インテリアプランナーの資格を取ると、住宅、オフィス、商業施設や公共施設といった建築物の内部をデザインし、更に設計から工事の管理まで総合的に請け負う仕事が出来ます。

まず、依頼主と打ち合わせをよく行い、依頼主の理想を充分に理解した上でインテリアデザインをしていきます。依頼主のイメージに如何に近づけられるかが、インテリアプランナーの腕の見せ所です。

デザインだけでなく、機能性、快適性、更に安全性と言った部分も重要ですので、そちらも叶えながら、室内の設備や内装の仕上げ、使用する材料まで吟味して決定して行きます。

着工後は工事を管理して現場に足を運ぶこともある仕事なので、インテリアデザイナーよりは建築士に近い仕事です。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事