キッチンスペシャリスト試験の難易度・合格率・試験日など

スポンサーリンク

キッチンスペシャリストとは、キッチン周りの各種設備機器の機能や設計、施工や販売に至るまで、生活者の相談に応じた多様化する生活者ニーズに対応する知識と経験を持ったキッチン空間づくりのスペシャリストで、「インテリア産業協会」が実施している検定試験になります。

試験に合格することで、認定書の交付を受けることができ、晴れてキッチンスペシャリストになることができます。ただ、看護師や税理士の様に業務独占資格ではありませんので、資格を取得せずともキッチンスペシャリストと自ら名乗って活動しても法的には問題ありません。

職業柄、受験者の大半が若い女性になります。

スポンサーリンク

キッチンスペシャリストとは

資格名キッチンスペシャリスト
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル建築・不動産
資格区分なし
受験資格なし
試験日程12月上旬(年1回実施)
試験場所札幌、盛岡、仙台、高崎、東京、名古屋、金沢、大阪、広島、高松、福岡、沖縄
試験内容学科試験、実技試験
免除科目学科試験または実技試験のどちらかに合格した場合は、次年度から3年間、合格した試験が免除
合格点おおよそ70%以上の得点率
受験料14,000円
登録・更新資格登録申請手続きを行うことにより、「キッチンスペシャリスト」の称号が付与。登録料:14,000円。5年ごとに資格の更新が必要
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ公益社団法人 インテリア産業協会
関連資格

キッチンスペシャリストの試験日

第32回試験

【試験日】2019年12月8日(日)
【申込期間】2019年9月17日〜10月31日
【合格発表】2020年2月中旬

キッチンスペシャリストの試験内容

学科試験

住居と食生活、キッチン空間キッチン空間、キッチン機能、キッチン設計施工、キッチン販売

実技試験

キッチン廻りの企画・提案に関する筆記試験

キッチンスペシャリストの受験者数・合格率

2018年度

区分受験者数合格率
学科試験640人59.4%
実技試験691人40.5%

キッチンスペシャリストの難易度

合格者の大半は住設機器類関連の業種を経験者と言われておりますが、合格率は例年40%程度を推移。

実務経験があっても半数は不合格となるため、難易度はやや高めで油断はできない資格と言えるでしょう。

出題内容は住宅に関する知識やキッチン機能や販売する際の知識、料理の知識など幅広く、また試験には学科だけでなく、実技も含まれています。

中でも難易度を上げている実技試験では、実際に図面を引きキッチン空間の企画提案を行うため、すばやく製図する能力も必要になります。

学科、実技どちらかに合格すれば次の年から3年間は免除となるため、計画的に受験することも必要です。

また、合格するためには、テキストだけでなく様々な専門書から知識を得ることも重要です。

キッチンスペシャリストの勉強法

問題集やテキストだけでは問題を把握することは難しいので、ショールームなどに出向いて実際に商品に触れてみることが大事です。

キッチンスペシャリスト試験の詳しい勉強法

資格を活かせる仕事

家の中でも家族が集まるダイニングに近く、家を建てる時に最も建て主が凝りたい場所の1つがキッチンでしょう。

現在は種々の便利さだけでなく、デザイン性・安全性にも優れた設備がどんどん出ています。それらの知識を駆使して、建て主の希望を取り入れながら、家の中の動線も考えて理想のキッチン造りのお手伝いをするのがキッチンスペシャリストです。

勿論、キッチンをリフォームする際にも、キッチンスペシャリストの活躍が必要となります。昔ながらのキッチンを今風に使いやすく、明るく、家族の顔を見ながら調理が出来る空間へと蘇らせる事は、キッチンスペシャリストの腕の見せ所です。

キッチンのプロとして、建築業界でこれからもどんどん必要とされる職業であると言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

建築・不動産
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました