管理業務主任者試験の難易度・合格率・試験日など

スポンサーリンク

管理業務主任者とは、管理の前提となる管理受託契約の重要事項の説明から、受託した管理業務の処理状況のチェック等及びその報告までマンション管理のマネジメント業務までこなす管理業務のスペシャリストで、試験は「一般社団法人 マンション管理業協会」が実施しています。

当資格は、事務所ごとに国土交通省令で定める人数の設置が義務付けられていますので、需要が高く就職や転職に有利になります。宅地建物取引士などの関連資格を合わせることにより、よく強力な武器になります。

受験資格はありませんが、管理業務主任者としての登録を行うには、マンション管理としての事務経験が2年以上必要になります。(もしくは国土交通大臣指定の実務講習を修了)

スポンサーリンク

管理業務主任者とは

資格名管理業務主任者
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別国家資格(業務独占資格、必置資格)
ジャンル建築・不動産
資格区分なし
受験資格なし
試験日程12月上旬(年1回)
試験場所北海道、宮城、東京、愛知、大阪、広島、福岡、沖縄
試験内容筆記試験(択一式)
免除科目マンション管理士試験の合格者は、マンション管理適正化法に関する5問が免除
合格点全50問中37問以上の正答
受験料8,900円
勉強法管理業務主任者試験の独学勉強法
テキスト管理業務主任者のテキスト
管理業務主任者の過去問
講座大栄の管理業務主任者講座
登録・更新2年以上の実務経験を積むか、当協会が主催する登録実務講習を受講し修了試験に合格することで登録できる
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ一般社団法人 マンション管理業協会
関連資格

管理業務主任者の試験日

2018年度試験

【試験日】2018年12月2日(日)
【申込期間】2018年9月3日~10月2日
【合格発表】2019年1月18日

管理業務主任者の試験内容

管理事務の委託契約に関すること、管理組合の会計の収入及び支出の調定並びに出納に関すること、建物及び附属設備の維持又は修繕に関する企画又は実施の調整に関すること、マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること、前各号に掲げるもののほか、管理事務の実施に関すること

管理業務主任者の受験者数・合格率

時期受験者数合格率
2017年16,950人21.7%
2016年16,952人22.5%
2015年17,021人23.8%
2014年17,444人21.0%
2013年18,852人22.5%
2012年19,460人21.9%
2011年20,625人20.7%
2010年20,620人20.1%
2009年21,113人20.5%
2008年20,215人20.3%
2007年20,194人22.3%
2006年20,830人20.2%
2005年22,576人22.2%

管理業務主任者の難易度

宅建やマンション管理士と重複する分野が非常に多いので、受験する方が多く、最初に受験すると一番いいレベルだと思います。

しかし、予備校が言っているほど簡単ではないので、対策は必要です。初期のころに比べると難易度が上がってきているため、過去問を徹底的に分析して、穴を防ぐような勉強方法を心掛けないと予想以上に苦戦することでしょう。

宅地建物取引士に比べると難易度は落ちますが、それでも合格率が20%程度しかないところを見るとそれなりの対策は必要になります。

管理業務主任者の資格講座

資格スクール大栄が実施している「管理業務主任者講座」では、本科講座と答練講座の二つの講座が実施されています。

資格を活かせる仕事

マンションの管理会社などで、管理事務の職に就くことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

建築・不動産
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました