建設業経理士試験の難易度・合格率・日程など

建築・電気の資格
建設業経理士とは、建築業に従事している経理課の従業員を対象にした資格で、建設業経理に関する経理事務処理の知識及び処理能力、経営の改善の能力を認定することを目的としています。

試験は、「一般財団法人 建設業振興基金」が実施してます。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 建設業経理士
評価
【2級】
資格種別 民間資格
資格区分 1級、2級、3級、4級
受験資格 誰でも受験できます
試験場所 全国各地
試験方法 筆記試験
免除科目
合格基準 非公開
受験料 【1級(1科目)】7,410円
【1級(2科目同日受験)】10,600円
【1級(3科目同日受験)】13,680円
【2級】6,280円
【3級】5,250円
【4級】4,220円
【2級・3級(同日受験)】11,530円
【3級・4級(同日受験)】9,470円
問い合わせ 一般財団法人 建設業振興基金

試験日程

3月中旬、9月中旬(年2回)

2018年9月試験

【試験日】2018年9月9日(日)
【申込期間】2018年5月18日~6月19日
【合格発表】2018年11月10日

試験内容

1級

内容

建設業原価計算、財務諸表論及び財務分析

程度

上級の建設業簿記、建設業原価計算及び会計学を修得し、会社法その他会計に関する法規を理解しており、建設業の財務諸表の作成及びそれに基づく経営分析が行えること

2級

内容

建設業の簿記・原価計算及び会社会計

程度

実践的な建設業簿記、基礎的な建設業原価計算を修得し、決算等に関する実務を行えること。

3級

内容

建設業の簿記・原価計算

程度

基礎的な建設業簿記の原理及び記帳並びに初歩的な建設業原価計算を理解しており、決算等に関する初歩的な実務を行えること。

4級

内容

簿記のしくみ

程度

初歩的な建設業簿記を理解していること。

受験者数・合格率

合格率は、1級で20~30%程、2級で45%程、3級で60%程、4級で80%程になります。

試験の難易度

これと言って難しい試験ではありませんので、実務未経験の方でも大丈夫です。

試験の勉強

勉強法 建設業経理士 勉強法(準備中)
テキスト 建設業経理士 テキスト
問題集 建設業経理士 過去問

通信講座の紹介

ユーキャンの「ユーキャンの2級建設業経理士講座」は簿記未経験者でも5か月で合格を目指せるカリキュラムが組まれています。

あとは、資格の大原が実施している「建設業経理士講座」も短期間で取得を目指したい方にお勧めできる講座です。

資格を活かせる仕事

建設業経理事務士で活躍することができます。

受験者の口コミ

お勧め度 ★★★★☆4

神奈川大学卒の介護職員 30代男性(会社員)
2017年7月24日

簿記の知識有れば2級までは楽勝
1~2ヶ月で2級取りました。税理士の財務諸表論と全経簿記1級持ってたので勘定科目覚えたりする以外はあまり新規に覚える所無かったです。
当日はマイ電卓忘れて近くのコンビニで小さくて使いづらいの買って受かりましたし(笑)。
経理未経験でも建設業の経理の求人の書類選考通ったから(結局不採用でしたが)一定の効力はあるのではないかと。
事務職ならCADとか会計ソフトの資格とかMOSとか合わせて取ればいいかも知れませんね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事