日本語検定試験の難易度・合格率・試験日など

資格名日本語検定
評価
【3級】
資格種別民間資格
資格区分1級、2級、3級、4級、5級、6級、7級
受験資格誰でも受験できます
試験場所全国100ヶ所以上の都市で実施
試験方法筆記試験
免除科目
合格基準【1級・2級】総合80%以上+領域60%以上
【3級~7級】総合70%以上+領域60%以上
受験料【1級】6,000円【2級】5,000円
【3級】3,500円【4級】2,000円
【5級】1,500円【6級】1,500円
【7級】1,400円
登録・更新
問い合わせNPO法人 日本語検定委員会
関連資格

教養・基礎の資格一覧

スポンサーリンク

概要

日本人なら、ただし日本語の使い方はマスターしておきたいですね。正しい日本語が使える能力、総合的な日本語能力を持っていることを示すことができるのが「特定非営利活動法人 日本語検定委員会」が実施している日本語検定です。

日本語能力検定では、漢字や熟語の意味、読み方に関する知識、適切な使い方、送り仮名の正しい表記、敬語の使い方、文法について、慣用句などの意味など幅広い内容で出題されます。

学校で団体受験されることも多い試験です。7級から1級まであります。7級は小学校2年程度のレベル、6級は小学校4年レベル、5級は小学校卒業程度、4級は中学校卒業程度、3級は高校卒業程度、2級は大学卒業程度、1級は社会人レベルとなっています。

受験していることで対話力の向上やコミュニケーション能力の向上、表現力を高める事ができるなどビジネスシーンでも役立ってくれる資格となっています。

敬語の使い方など、日本語能力を重視している企業も増えてきていますので、就職や転職に有利になる場合がありますので、積極的に取得しておきたい資格の一つと言えるでしょう。

試験日

6月中旬、11月中旬(年2回)

第24回

【試験日】2018年11月10日(土)
【申込期間】2018年8月1日~10月12日
【合格発表】検定日の約30日後に郵送にて発表

試験内容

  • 【敬語】尊敬語、尊攘語、丁寧語の適切な使用
  • 【文法】語と語の正しい連接
  • 【語彙】言葉の豊富さ、語と語の関係の理解
  • 【言葉の意味】言葉の意味の理解
  • 【表記】適切な感じの使用、送り仮名、仮名遣い
  • 【漢字】漢字や熟語の読み方、意味の理解

受験者数・合格率

第23回【平成30年6月試験】

区分受験者数認定率準認定率
1級594人4.9%21.9%
2級2,881人11.0%35.7%
3級18,787人44.2%20.4%
4級7,017人83.6%7.1%
5級2,082人78.9%6.4%
6級1,278人78.0%2.8%
7級3,436人89.6%3.3%

第22回【平成29年11月試験】

区分受験者数認定率準認定率
1級727人19.1%24.5%
2級3,897人8.8%9.9%
3級15,542人38.0%28.3%
4級8,816人73.9%16.9%
5級6,017人79.9%13.2%
6級4,152人71.1%13.9%
7級1,357人86.7%3.4%

第21回【平成29年6月試験】

区分受験者数認定率準認定率
1級682人9.2%18.4%
2級3,257人16.2%25.1%
3級17,741人33.7%35.3%
4級7,189人68.1%19.6%
5級3,262人76.5%14.7%
6級3,074人63.4%18.2%
7級927人91.2%3.3%

受験者の9割近くが学生です。

試験の難易度

  • 【1級】社会人レベル
  • 【2級】大学卒業レベル
  • 【3級】高校卒業レベル
  • 【4級】中学校卒業レベル
  • 【5級】小学校卒業レベル
  • 【6級】小学校4年修了レベル
  • 【7級】小学校2年修了レベル

試験の勉強法

日本語検定委員会から出ている公式問題集があるので勉強しやすいと思います。

公式テ問題集は、文法や敬語、言葉の意味や漢字など、各項目ごとに分かれていて見やすいです。模擬問題の量も多いので受験対策にはもってこいのテキストになるでしょう。料金もリーズナブルですしね・・・

勉強法日本語検定 勉強法
テキスト日本語検定 公式テキスト
問題集日本語検定 公式問題集

資格を活かせる仕事

社会人としての基本的な日本語能力を持っていると言う証明になるので、就職活動で多少は武器になるかもしれません。

ただ、試験自体の難易度がそれほど高くない為、企業認知度も低く過度の期待は禁物です。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

教養・基礎の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】