賞状技法士試験の難易度・合格率・通信講座の紹介など

賞状技法士試験とは

年賀状や案内状やあいさつ状などの、各種礼状などを、バランスよく美しい毛筆で書くための技能を問う試験です。
入門編である準3級からエキスパートである1級まで存在し、通信教育もしくは通学にて受講後に課題審査を受けて合格することで取得することができます。
1級に関しては、東京と大阪で年1回実施されている公開試験に合格する必要があります。

スポンサーリンク

目次

賞状技法士の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル教養・基礎
資格区分1級、準1級、2級、3級、準3級(通信教育のみ)
受験資格なし
試験日程【1級】11月中旬(年1回)
試験場所【1級】東京、大阪
受験料【1級】11,000円【準1級】15,000円
【2~準3級】10,000円
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ日本賞状技法士協会

【総合評価】(1級)

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

賞状技法士の受講内容

試験は1級のみ(準1級~準3級は修了課題のみ)

自他共に認める立派な技法士です。1級資格取得は貴方の対外的信用も一層高まり、ご自身にとっても大きな利益であり財産になります

賞状技法士の難易度

準1級までは課題を提出するだけなので難しくないが、1級は試験があり合格率は20%程と言われておりそれなりに難しいです。

賞状技法士の通信講座

こういった技術を学ぶ勉強は通常、通信講座で学ぶことは難しいですが、たのまなの「賞状技法士養成講座 実務偏 準3級対応」では、経験豊かな12名の講師に添削サポートしてもらえることができるので安心です。

特製小筆(2本)とレイアウト用の方眼スケールがセットで付いているので、これから初めて勉強される方にもお勧めです。

その他も「がくぶんの実用賞状書士養成講座」は内容が分かりやすいと評判です。

賞状技法士を活かせる仕事

賞状技法士は、筆耕の1種で、美しい筆文字を書く技能を有している毛筆のプロの事です。企業、学校、個人から依頼を受け、賞状・感謝状・胸章・のし袋等の清書を行うのが仕事です。

確かな技能を持った賞状技法士は、ホテル、流通関係、イベント、金融、印刷業等で重宝されています。採用人数は少数ですので、求人情報は小まめにチェックしましょう。

又、神社のお札や飲食店の看板、CDのタイトル文字等も賞状技法士が受け持つ事があります。

賞状技法士はとに角技術が物を言います。綺麗な毛筆が書ける事が何よりの条件となります。実際に賞状技法士として働いている人は、これまでにも書道展で受賞歴がある人が殆どです。

筆耕が好きで努力で上手くなるか、元からの素質を活かすか、どちらにしろ一生技術を磨いていく姿勢が大切な仕事だと言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる