定年力検定試験の難易度・合格率・試験日など

定年力検定とは、定年を迎える人が今後の老後生活(セカンドライフ)に向けての必要最低限の基礎的な知識を問う試験で「一般社団法人 日本定年力検定協会」が実施しています。

基本的にはこれから定年を迎える50代~60代の人を対象にした試験ですが、受験資格はありませんので親などの家族に対して生活の援助をする為に取得することも可能です。

FP(ファイナンシャル・プランニング)の様により専門的な知識は要りませんので、誰でも気軽にチャレンジすることができます。

楽しく豊かな老後生活を送るために是非チャレンジしてみて下さい。

スポンサーリンク

定年力検定とは

資格名定年力検定
人気
将来性
就・転職
難易度
資格種別民間資格
ジャンル教養・基礎
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格区分なし
受験資格なし
試験日程毎年1月と7月の最終土曜日
試験場所自宅受験が原則だが5名以上受験者が集まる場合は会場受験も可能
試験内容筆記試験(3択択一式[100問])
生活、税金・不動産、保険・年金、金融、相続
免除科目
合格点100点満点中で全科目平均点70点以上で尚且つ各科目50点以上
受験料5,000円
登録・更新
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ一般社団法人 日本定年力検定協会
関連資格高齢社会検定相続診断士ファイナンシャル・プランニング技能士エンディングノートプランナー

合格率

近年の合格率は70%程度

難易度

PFの中の税金や保険などの基礎問題が中心になるのでそれほど難しい試験ではない

勉強法

日本定年力検定協会のホームページ内に公式テキスト及びDVD教材が販売されているので、そちらをメインに勉強すれば問題ない

就職で活かせる仕事なのか

企業認知度の低い資格になるので、この資格を取得したからと言って就職や転職で有利になることはあまりない

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

教養・基礎の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました