茶道文化検定試験の難易度・合格率・試験日など

茶道文化検定とは、日本文化である茶道の奥深さを幅広く学ぶために作られた試験で、「茶道文化検定運営事務局 」が実施している民間資格になります。

レベルに合わせて4つの区分に分けられているので、これから茶道の文化について学びたいと思っている若い方でも、茶道に精通しているエキスパートの方でも楽しく受験することができます。

試験に合格することで、1年間に限り全国の提携美術館入館料等の優待割引が受けることができます。

スポンサーリンク

茶道文化検定とは

資格名茶道文化検定
人気将来性
就・転職
【3級】
難易度
【3級】
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル料理・食材
資格区分1級、2級、3級、4級
受験資格なし(但し、2級以上は飛び級不可)
試験日程11月上旬(年1回)
試験場所全国主要都市
試験内容【1級】筆記試験(選択式、記述式)
【2級~4級】筆記試験(択一式)
免除科目
合格点【1級】80%以上の正解率
【2級~4級】70%以上の正解率
受験料【1級】6,680円【2級】5,040円
【3級】4,010円【4級】2,880円
※22歳以下の受験者は500円割引
登録・更新
口コミ1件口コミ投稿
問い合わせ茶道文化検定運営事務局
関連資格

茶道文化検定の試験日

第12回試験

【試験日】2019年11月10日(日)
【申込期間】未定
【合格発表】2020年12月中旬

茶道文化検定の試験内容

1級(80問)

茶の歴史、茶事・茶会、茶道具、茶と禅、茶席の花、懐石、菓子、茶室・露地、茶業

2級(80問)

茶の歴史、茶事・茶会、茶道具、茶と禅、茶席の花、懐石、菓子、茶室・露地、茶業

3級(80問)

茶のこころ、茶の歴史、茶事・茶会、茶道具、茶室・露地

4級(60問)

茶のこころ、茶の歴史、茶事・茶会、茶道具、茶室・露地

茶道文化検定の受験者数・合格率

2018年(第11回)

区分受験者数合格率
1級586人12.5%
2級803人44.0%
3級1,360人77.4%
4級801人86.6%

2017年(第10回)

区分受験者数合格率
1級660人5.5%
2級832人45.1%
3級1,489人68.5%
4級839人87.7%

茶道文化検定の難易度

1級になると多少難易度はアップしますが、それでも他の多くの資格に比べると難易度は低めです。

趣味で取得される方がメインになるので、そこまでしっかり対策を取らなくても50%以上の合格率があるので、キチンと対策を立てれば難なく合格できるでしょう。

茶道文化検定の勉強法

1級に関しては公式問題集からメインに出題されるので、問題の内容をキチンと理解しておきましょう。

2級以下に関しては公式テキストからメインに出題されるので、公式テキストを繰り返し勉強しておきましょう。

具体的な勉強法については、茶道文化検定運営事務局のHP内に受験者の声があるので、そちらに受験者の勉強方法が具体的に記載されているので、確認してください。

資格を活かせる仕事

茶道教室などで活躍することができます。

受験者の口コミ

私の叔母が茶道教室に通っていて、自分一人で受験するのが不安だったらしく私も誘われて一緒に3級を受験しました。ここでも紹介している公式テキストを1冊購入して1週間ぐらいしか勉強していませんが見事合格しました。試験を通じて茶道のおもてなしを学ぶことができたので、今後の人生に活かしていければいいと思っています。(20代女性 主婦) [2016年1月14日]
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

料理・食材の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました