外食プロフェッショナル検定試験の難易度・合格率・試験日など

外食プロフェッショナル検定とは

外食ビジネスの仕組みを理解して、外食ビジネスの可能性や店舗運営や繁盛店を作り上げるためのノウハウを学ぶための試験で、「プロ検」とも呼ばれています。
外食産業に関わるオーナーや社員、外食に興味のある方を対象にした試験になります。
資格を取得するには、まず協会が実施している講座を受講して、その後に検定試験に合格する必要があります。
資格取得者を対象に、定期的にセミナー交流会が実施される予定なので、更なるスキルアップや同業者との交流を深めることができるので、外食産業で従事している人は取得を検討してみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

目次

外食プロフェッショナル検定の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル料理・食材
資格区分初級
受験資格なし
試験日程3月上旬(不定期)
試験方法講習を受講後に筆記試験がある
合格点7割以上の正答率
免除科目なし
試験場所東京(渋谷)、大阪(梅田)※試験時期により異なる
受験料35,000円(受講料込み)
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ外食プロフェッショナル育成協会

【総合評価】(初級)

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

外食プロフェッショナル検定の講座内容

講座は1日

  • ガイダンス 10:15〜10:30
  • 外食ビジネスの可能性 10:30〜12:00
  • 店舗運営の仕組み 13:00〜14:30
  • 繁盛店学 14:50〜16:20
  • 検定試験 16:40〜17:10

※開催美により内容が異なることもあります。(こちらは第6期の内容)

外食プロフェッショナル検定の試験内容

試験は筆記試験(選択形式)で実施されます。

問題数は分かりませんが、試験時間は30分なので他の試験に比べると問題数は少ないと思われます。

外食プロフェッショナル検定の受験者数・合格率

受験数、合格率の全てが非公開

外食プロフェッショナル検定の難易度

合格率が分からないので何とも言えませんが、この手の試験(講座を受講してからの試験)は落とすための試験ではありませんので、難易度は低いと思います。

もし仮に不合格だった場合は、受験日から1年間に限って再受験が可能です。但し、受験料が12,000円かかるので、一発で合格したいですね。

外食プロフェッショナル検定の勉強法

講座があるので、そちらで勉強すれば問題ないと思います。

資格を活かせる仕事

外食産業、飲食業界で存分に活かすことができます。

ただ、まだ出来たばかりの新しい資格で企業認知度が低いので、この資格を持っていたからと言って、就活や転職活動で有利になることは無いと思います。

あくまでスキルアップのための資格とお考えください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる