紅茶検定試験の難易度・合格率・試験日など

紅茶検定とは

日本人にもすっかり馴染みとなった紅茶をより楽しく、本格的に楽しむ事が出来るように、紅茶の歴史、文化、産地毎の特徴、ブランド、美味しい入れ方、紅茶に適した器、保存方法等に付いての知識を試します。
紅茶を愛するファンは多く、紅茶検定は紅茶をもっと楽しみたい、詳しくなりたいという方に人気の検定です。紅茶検定は紅茶好きな人ならだれでも受けられて、紅茶の知識を深めることができます。
紅茶検定には基本的な知識を問う初級~上級まで3つに区分されています。
香りが良く、飲めばリラックス出来る紅茶。又、抗酸化作用のあるタンニンといった健康に良い成分も含まれています。定番のダージリンやオレンジペコ、ニルギリから、新種の紅茶まで知れば知る程奥深いのが紅茶の魅力です。

スポンサーリンク

目次

紅茶検定の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル料理・食材
資格区分初級(ベーシック)・中上級(アドバンス)、上級(プロフェッショナル)
受験資格【初級・中上級】なし
【上級】中上級合格者(中上級との併願可)
試験日程2月中旬(年1回)
試験方法筆記試験(マークシート形式)
免除科目なし
試験場所東京・名古屋・大阪
受験料【初級】4,900円【中上級】5,900円
【上級】7,700円
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ紅茶検定実行委員会

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

紅茶検定の試験日

2019年度試験(第4回)

試験日申込期間合格発表
2020年2月23日(日)~1月9日4月上旬

紅茶検定の試験内容

出題範囲

紅茶をおいしく入れる方法、製造方法、保存方法、世界の紅茶の産地と茶葉の知識、各国の歴史・文化など紅茶に関する基本的な知識を問います。

合格点

両級とも概ね正答率70%以上

紅茶検定の受験者数・合格率

受験者数と合格率共に非公開

紅茶検定の難易度

試験はテキストに沿って出題される傾向にあるため、取り組みやすい資格試験です。

ベーシックは紅茶に関する基礎的な内容が出題されます。お茶の淹れ方や茶葉の産地などの知識がきちんと身についていれば簡単と言えます。

アドバンスからは紅茶の歴史についてや、生産量等に関しても加わり範囲は広くなり、難易度は少し上がります。

しかし、こちらもテキストを中心に出題される傾向にあるので、それほど難しくないでしょう。

合格基準はどちらも全問題の70%で、合格率はベーシックが90%以上、アドバンスでも70%以上なので、どちらも難易度は低いと言える試験です。

まだ新しい資格試験ですが、公式テキストや参考書をきちんと読み理解していけば合格を目指すことができます。

資格侍のアイコン画像資格侍

公式サイト内に「練習問題」が掲載されているのでまずはチャレンジしてみて下さい。

しかく姫のアイコン画像しかく姫

練習問題を見てみましたが、ただ単に紅茶が好きなだけでしたら問題を解くことは難しいです。公式テキストがあるので勉強はやりやすいですが、初級でもある程度対策を立てなければ合格することは難しいです。

紅茶検定の勉強法

初級は公式テキストである「紅茶の大事典」から出題されますので、内容をしっかり理解して対策を立てておきましょう。中上級では参考書籍である「紅茶入門」からも出題されるので、併せて勉強しておきましょう。

紅茶検定のお勧めテキスト

紅茶を美味しく飲むためのいれ方や飲み方を解説

紅茶に関する幅広い知識を得られる

これから初めて勉強する方にお勧め

紅茶検定のテキストを探す

資格を活かせる仕事

紅茶検定で得た知識は、毎日のティータイムなど日常生活でも十分に役立ちます。

紅茶検定で得た知識を仕事でいかす機会には、紅茶の販売店やカフェ、レストランなどがあります。カフェやレストランで紅茶を提供するときに、美味しい紅茶を淹れることができます。
自宅で開いている料理教室や紅茶に関するイベントで、紅茶にまつわる知識を役立てることもできます。

紅茶の保存方法や美味しい飲み方のアドバイザーとして、紅茶が好きなお客様とのコミュニケーションに役立ちます。

接客スキルを上げることにもつながり、より自信をもってお客様と接することができるようになった、という合格者が多いです。自分が好きな紅茶の知識を大勢の人と共有することができます。

紅茶検定は公的な検定ではありませんが、合格した場合は自分の判断で、履歴書の取得資格として書くことが出来ます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる