お好み焼き検定試験の難易度・合格率・試験日など

料理・食材の資格

お好み焼き検定とは、お好み焼きの正しい作り方や歴史など、お好み焼きに関するありとあらゆる知識を問う試験になります。

関西人に限らず、全国各地でお好み焼きブームが到来し、急速に拡大している粉もんの代表お好み焼きを美味しく焼くコツを学ぶことが出来できます。

初心者向けの初級と上級者向けの上級の2つの区分があるので、お好み焼きマニアじゃない一般の方でも楽しく受験できる内容になっています。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 お好み焼き検定
評価
【初級】
資格種別 民間資格
資格区分 上級、初級
受験資格 誰でも受験できます(上級は初級合格者のみ)
試験場所 大阪、東京
試験方法 【上級】筆記試験(4者択一形式、記述形式)
【初級】筆記試験(4者択一形式)
免除科目
合格基準 【上級】100点満点中80点以上
【初級】100点満点中60点以上
受験料 【上級】5,400円【初級】3,240円
登録・更新
問い合わせ にっぽんお好み焼き協会
関連資格

料理・食材の資格一覧 ・面白い資格一覧

試験日程

11月中旬(年1回)※上級は隔年開催

2018年度試験

【試験日】2018年11月18日(日)
【申込期間】2018年8月1日~10月31日

試験内容

主に要点集から出題されます。

受験者数・合格率

初級の合格率は90%以上

試験の難易度

お好み焼きをこよなく愛していれば簡単です。

試験の勉強

試験は要点集から主に出題されているので、まずは要点集で勉強してください。PDFファイルで10ページほどなので、数日勉強すれば十分でしょう。

また、「おこナビ お好み焼をつくる!動画」の中で、正しいお好み焼きの焼き方をレクチャーしているので、作る工程をキチンと確認しておいてください。

お好み焼き検定 勉強法(準備中)

資格を活かせる仕事

お好み焼き屋さんで学んだ知識を存分にアピールできます!!

受験者の口コミ

お勧め度 ★★★★★5

マニア 40代男性(会社員)
2016年1月18日

初級にチャレンジ!!
去年、お好み焼き検定の初級を受験しました。
問題はマークシート方式の4択で問題数は50問だったと思います。
私は京都に住んでいるので、受験地の大阪まで行くのは大変でしたが、試験自体は凄く簡単で、お好み焼きを定期的に作ったことがある方なら特に対策を取らなくても合格できると思います。
周りの受験者も皆簡単と言っていました。
上級は2年に1回なのでなかなかチャレンジできませんが、また機会があればチャレンジしたいと思います。楽しい資格なので興味のある方は是非挑戦してみて下さい★
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事