焼肉コンシェルジュ検定試験の難易度・合格率・試験日など

焼肉コンシェルジュ検定は、焼肉についての知識とテクニックを磨くために行われている、肉が好きな人のための検定です。

肉マイスターである田辺晋太郎氏が講習会の講師を担当しており、焼肉をもっと楽しむためのコツやテクニックをたっぷり伝授してもらいます。講習の内容は、焼肉の魅力や焼肉で使われる肉の部位、肉の品質、いい焼肉店の見分け方など幅広い内容になっています。

さらに焼き方の講習もあります。

焼肉コンシェルジュ検定は、講習会を受講してから検定を受け、さらに希望者は講師と一緒に懇親会への参加ができます。懇親会はもちろん焼肉パーティーで、肉好き同士で楽しく過ごすことができます。

焼肉コンシェルジュ検定には、並コース(初級)と上コース(中級)があります。今後、特上コース(上級)の開催も予定されています。

並コース(初級)では焼肉の基本的な知識、ロース、カルビ、タン、ホルモンの美味しい焼き方について学びます。上コース(中級)は並コースを修了した人だけが受けられます。

肉の専門的な知識や、肉に合わせた焼き方を学びます。実技試験も含めてさらに焼肉の腕をアップさせることができます。

スポンサーリンク

基本情報

資格名焼肉コンシェルジュ検定
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル料理・食材面白い資格一覧
資格区分上コース(中級)・並コース(初級)
受験資格なし
講習日程年4回
講習場所東京都
受験料5,029円(受講費用込み)
登録・更新年会費:1129円
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ一般社団法人 食のコンシェルジュ協会
関連資格

講習内容

和牛とは、和牛と国産牛の違い、格付けA5とはなんなのか、熟成肉とは、いい焼肉店の見分け方、焼き方講習、焼き方の基本、火を極める、質疑応答、資格検定実施など

受験者数・合格率

受験者数と合格率共に非公開

試験の難易度

「和牛と国産牛の違い」や「いい焼肉店の見分け方」など、焼肉通の方であれば簡単に分かるであろう試験になるので、一般的な資格に比べると難易度はかなり低いと思われます。

試験の勉強法

事前に講習もあるので、特に事前に対策を立てる必要はありません。

資格を活かせる仕事

あくまで趣味の資格にはなりますが、焼肉コンシェルジュ検定で楽しく学ぶことで、さらに肉に詳しくなることができます。

焼肉コンシェルジュ検定を受けることで、肉好きの人同士のコミュニティを作ることができます。肉が好きな人同士のコミュニケーションや人脈作りに活かすことも可能です。

肉の魅力や焼肉の楽しさについて、おおいに語ることができます。アウトドアイベントの開催など、イベント会場で焼肉を行うときにリーダーシップを発揮して、場を盛り上げることができますね。

いい肉の選び方や美味しい肉の焼き方などの知識やテクニックを、飲食店で働くときにも生かすことができます。焼肉コンシェルジュ検定を通じて、好きな焼肉についての知識やテクニックを極めるきっかけにして下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

料理・食材の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました